「コーラル」と「オレンジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コーラル」と「オレンジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コーラル」「オレンジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コーラル」とは?

「コーラル」の意味と概要について紹介します。

「コーラル」の意味

「コーラル」は、「オレンジがかかった赤い色のこと」です。

「コーラル」の概要

「コーラル」は、オレンジ色がかかった赤い色のことを言います。

オレンジは、赤と黄色の混合色ですので、それに更に赤みが増した色と言えます。

「コーラル」は英語で“coral”と書き、「珊瑚(さんご)」という意味です。

珊瑚はきれいな海に生息する生物で、高級アクセサリーなどに使われています。

珊瑚はオンレンジと赤が混ざった独特な美しい色あいをしていることからその色ということで名づけられました。

華やかで、しかも上品であることから、女性のメイクに使われています。

「オレンジ」とは?

「オレンジ」の意味と概要について紹介します。

「オレンジ」の意味

「オレンジ」は、「赤に黄色がかかった明るい色のこと」です。

「オレンジ」の概要

「オレンジ」は、赤い色に黄色がかかった、明るくて華やかな色のことを言います。

英語で“orange”と書き、正に果物の「オレンジ」の色のことを言います。

日本で売られている果物の「オレンジ」は、「バレンシアオレンジ」が多く、皮だけではなく中身もオレンジ色です。

「オレンジ」は赤と黄色の中間色で、鮮やかで健康的なイメージがします。

ファッション用語では「ビタミンカラー」とも言われ、レディースファッションを明るく仕上げる為に使われる色です。

「コーラル」と「オレンジ」の違い!

「コーラル」「オレンジがかかった赤い色のこと」です。

「オレンジ」「赤に黄色がかかった明るい色のこと」です。

まとめ

今回は「コーラル」「オレンジ」の違いをお伝えしました。

「コーラルはオレンジ系の赤」「オレンジは黄色系の赤」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典