「ゴルフ」と「ゲートボール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴルフ」と「ゲートボール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゴルフ」「ゲートボール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ゴルフ」とは?

「ゴルフ」とは、「ボールを各種のクラブで打ち、ホール(カップ)と呼ばれる穴にどれだけ少ない打数で入れられるかを競う個人でする球技」のことです。

「ゴルフ」は、「15世紀のスコットランドで誕生して、その後に欧米をはじめ世界中に広まった球技」とされています。

「ゴルフ」では「ドライバー・ウッド・アイアン・ウェッジ・パターなどのクラブ」を使用して、各ホールの「パー」と呼ばれる規定打数以下でカップインすることを目標にプレイします。

「ゲートボール」とは?

「ゲートボール」とは、「鈴木栄治が北海道芽室町でクロッケーを参考にして考案したとされるボールを打ってゲートを通過させていくチームでする球技」のことです。

「ゲートボール」というのは、「5人1組の2チームに分かれてボールをスティックで打ち、決まった順番でゲートを通過させたり(1点)ゴールポールに当てたり(2点)して合計点数を競い合う集団競技」を意味しているのです。

「ゲートボール」は高齢者に人気の高い球技で今ではアジア諸国にも広まっていますが、若年層にも普及させようと2人制・3人制のゲートボールのことを「リレーション」と呼ぶようになっています。

「ゴルフ」と「ゲートボール」の違い!

「ゴルフ」「ゲートボール」の違いを、分かりやすく解説します。

「ゴルフ」「ゲートボール」の大きな違いとして、「ゴルフ」「個人競技」であり、「ゲートボール」「5人1組のチームで行う集団競技」であるという違いを指摘できます。

「ゴルフ」は、「クラブでボールを打って、できるだけ少ない打数でホールに入れることを目指す球技」です。

「ゴルフ」に対して、「ゲートボール」のほうは「2つのチームが交互に順番でボールをスティックで打ち、規定のゲートを通過させたりゴールポールに当てて得点を増やすことを目指す球技」という違いがあります。

また「ゴルフ」には「大金を稼げるプロゴルフ」がありますが、「ゲートボール」には「プロ(職業的にプレイするプロの世界)」はありません。

まとめ

「ゴルフ」「ゲートボール」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ゴルフ」とは「ボールをクラブで打って、ホール(カップ)と呼ばれる穴にどれだけ少ない打数で入れられるかを競い合う個人でする球技」を意味していて、「ゲートボール」「5人1組の2チームに分かれて、ボールを決まった順番でゲートを通過させることを競い合う日本発祥の球技」を意味している違いがあります。

「ゴルフ」「ゲートボール」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典