スポンサーリンク

「ゴールデンタイム」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴールデンタイム」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ゴールデンタイムの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ゴールデンタイムとは?意味

ゴールデンタイムとは、多くの人々がテレビを観る時間帯のことを意味します。

このゴールデンタイムと呼ばれる時間帯は、午後19時から午後22時迄となり、ほとんどのテレビ番組では高い視聴率がとりやすい時間帯です。

ゴールデンタイムの概要

ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯は、どの番組もほぼ視聴率が高い傾向にあります。

その理由としては、この時間帯は会社や学校から帰って来て、夕食を食べる時間でもあり、多くの人がテレビ番組を観ながらご飯を食べるため視聴率が高くなるわけです。

多くの視聴者が視聴する番組は話題となり、紹介した商品が流行したり、起用したアイドルが売れるなど、様々な経済的相乗効果をもたらす効果を得られます。

また、このゴールデンタイムは夜だけではなく、朝や昼、夕方などにも使われる言葉です。

自分の能力を十分に発揮できると思うベストな時間帯のことをゴールデンタイムと言うことがあります。

ゴールデンタイムの言葉の使い方や使われ方

テレビの視聴率が高くなる時間帯をゴールデンタイムと言うだけではなく、自分にとって充実した瞬間を送れる時間帯のことをゴールデンタイムと呼ぶこともあります。

例えば、朝食を食べ終えて、身なりも整えたその後のちょっとした時間を有効活用して、体力や学力を十分に得られる時間もゴールデンタイムと呼ぶことができます。

朝食を食べ終えた後は1日のなかでも脳が活発になり、物事を集中してできる時間帯でもありますので、勉強をしたり、スケジュール管理する、スキルを伸ばす時間にする人もいます。

ゴールデンタイムを使った例文

・ゴールデンタイムは面白い番組ばかりで好きです
ゴールデンタイムに放送される番組は面白いと思う内容のものが多く、何度も視聴するファンになる人が増えます。

そんな番組に興味があり、好意を持つ人が、ゴールデンタイムにはこんな番組をやっているから好きな時間帯であることをアピールするときに使います。

・朝のゴールデンタイムに本を読んで楽しんでいます
夜に本を読むよりも、太陽の光が差し込む朝、明るい部屋で読書をした方がよりストーリーが頭の中に入ってくる人は、このゴールデンタイムに読書して楽しんでいます。

朝食を食べた後の30分は記憶力も高まる時間帯でもありますので、うまく有効活用していると相手にアピールしたいときに使う例文です。

・自分のゴールデンタイムは夕方の17時です
1日の中で、一番活発的に行動ができると思うコンディションのいい時間を相手に伝えたい時に使います。

この人の場合は会社も終わり、家に帰れる17時過ぎが幸せと思う時間です。

これから何を食べようか考えただけでも楽しい気持ちになる17時。

家族と一緒に楽しく会話をしながら夕食を食べられる、ペットと遊べる、恋人とデートができると考えるととても嬉しく、テンションが上がるからこの時間は自分にとってゴールデンタイムとなることを伝えています。

まとめ

多くの人がテレビを観る時間帯の19時から22時のゴールデンタイムは視聴者が多く、視聴率も高くなる時間です。

この時間に放送している番組を観て、自分にプラスになる商品やサービス、多くの情報を集められる時間でもあります。

最も自分の脳が活発になる時間、行動力が高まる時間を狙い、有意義な時間になるよう工夫して、人生を充実したものにできる時間なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典