スポンサーリンク

「サインアウト」と「ログアウト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サインアウト」と「ログアウト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サインアウト」「ログアウト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サインアウト」とは?

現在接続可能なネットワークやコンピューターとの接続を切断することです。

コンピューターやネットワークを利用するためには、ユーザー認証などを行い、利用可能であることを認めてもらう必要があります。

そうでないと、不正アクセスをされて、個人情報を盗まれるなどする恐れがあります。

システムを利用するためのユーザー認証をログインといいます。

コンピューターやネットワークの使用を中断するときには、それらとの接続を切断します。

接続したままでは、他のユーザーに不正利用されてしまう恐れがあるためです。

この、接続を切断することを「サインアウト」といいます。

サインには署名、アウトには外の、外側のという意味があります。

署名は本人であることを確認するために行うものです。

つまり、「サインアウト」は本人であることの外側、本人が接続していないといった意味になります。

「サインアウト」の使い方

インターネットを使用するときに、よく出てくる言葉です。

ネットワークなどとの接続を切り、利用を終了するときに使用します。

「ログアウト」とは?

現在接続可能なネットワークやコンピューターとの接続を切断することです。

ネットワークやコンピューターを利用するためには、それらと接続する必要があります。

誰でもが接続できる状態では、不正アクセスをされて個人情報が悪用されてしまう可能性があるため、本人であることを確認する作業が必要なのです。

本人であると確かめることができたら、ネットワークなどを利用できます。

利用後には、それらとの接続を切断します。

切断せずにいると、不正アクセスなどされる可能性があります。

この操作を「ログアウト」といいます。

ログには、コンピューターの操作記録という意味があります。

つまり「ログアウト」とは、コンピューターの操作記録の外、コンピューターと接続していない状態ということができます。

「ログアウト」の使い方

インターネットを使用するときに、よく出てくる言葉です。

「サインアウト」と「ログアウト」の違い

同じことを指しています。

利用するネットワークやコンピューターなどによって言い方が違いますが、どちらの言葉が指していることは同じです。

「サインアウト」の例文

・『サインアウトしますか?』

・『サインアウトをしなければ』

・『ここからサインアウトできます』

・『この操作でサインアウトできるのかな?』

「ログアウト」の例文

・『ログアウトしてもいいですか?』

・『ログアウトをしてください』

・『ログアウトの仕方を教えてください』

・『ログアウトするのを忘れないようにしよう』

まとめ

どちらもインターネットを使用しているとよく出てくる言葉です。

言い方は違いますが、どちらの言葉が意味しているものは同じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典