「サブ垢」と「裏垢」と「リア垢」の違いとは?

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サブ垢」の意味とは?

サブ垢というのはサブアカウントのことであり、TwitterやFacebookなどのSNSでサブ垢を作る場合とソーシャルゲームでサブアカを作る場合は目的が異なります。

例えば、TwitterやFacebookなど、SNSでアカウントを持つ場合、職場や友達などと交流するためのアカウントの使い分けをしたいと考えてサブ垢を持つ人もたくさんいます。

また、ただ自分の記録として使うためにサブ垢を持つという人も珍しくありません。

ゲームなどの場合、ゲーム内で課題を簡単にクリアするため、アイテムや報酬をもらうため、などとゲームをスムーズにクリアするためにサブ垢を作る人がいると考えられています。

「裏垢」の意味とは?

裏垢とは裏アカウントのことで、これもネット用語の1つです。

特殊な趣味などを公開するため、あるいは誰かの悪口を書くためなど、裏の顔、人にはなかなか見せられないような趣味で利用するためのアカウントとして使われることが多いと言われています。

基本的には職場の人や友達には知らせず、一部のコミュニティーのみで使われているケースもあります。

「リア垢」の意味とは?

リア垢はリアルアカウントという意味を持ち、自分の本来のアカウントを指しています。

TwitterやFacebookなどでは本来の自分を出すため、現実の知り合いと交流するためのアカウントを指します。

SNSでは現実に知らない人と友達になることもあるため、リア垢では知っている友達とだけ交流し、知らない人と友達になるためにはサブ垢を使う、と考えている人もいます。

「サブ垢」と「裏垢」の違い

サブ垢と裏垢は似ていると感じる人もいるかもしれません。

確かに現実的な友達などと交流するわけではないという点では同じですが、サブ垢はあくまでも自分のアカウントとして使います。

あくまでも交流する友達が異なる、例えばリア垢では学校や本当の友達、サブ垢では職場の同僚、などと使い分けるものがサブ垢になります。

それに対して裏垢というのは、例えば女性が自分の露出の多い写真を撮影し、裏垢でアップデートするなど、友達などの知り合いには知られたくないコミュニティーで用いるものになります。

あるいは匿名で悪口を書くために作られる場合もあります。

「サブ垢」と「リア垢」の違い

例えばFacebookなどで友達と交流している時、職場の上司などと繋がってしまうと少々厄介ですよね。

職場の上司には居酒屋で友達と飲んでいる写真を見られたくない、などと思う人もいるでしょう。

最近はSNSでも「知り合いかもしれない人」などと知り合いが表示される場合もありますから、職場の上司や親から友達申請が来て悩んだ、という人もいるかもしれません。

そのようなときには職場の人と交流するための真面目なアカウントとしてサブ垢を使う人もいます。

アメリカなどではサブ垢に自分の本名を用い、リア垢には自分のニックネームを用いる、という人も珍しくありません。

リア垢は現実の友達と交流するためのアカウントですが、もしも職場の同僚と交流するためのアカウントを主に使っているのであれば、そちらがリア垢になる場合もあります。

「裏垢」と「リア垢」の違い

裏垢はあくまでも現実の友達や知り合いには知られたくない内容をアップデートするためのアカウントであり、リア垢は自分の素顔を出すためのアカウントです。

一般的にはリア垢は現実での友達と交流するためのものですが、例えば自分の露出した写真をSNSに投稿したいと思った場合、そのような写真を現実の友達に見られてしまったら困る、と感じる人もいるでしょう。

そのような人は裏垢を作り、リア垢とは使い分けるケースが多いと言われています。

「サブ垢」と「裏垢」と「リア垢」の使い分け

ここでは、これらのアカウントをどのように使い分けるのかということについて紹介します。

最近はSNSでトラブルを招くケースもあるため、1人が複数のアカウントを持つという事は決して珍しくないと言われています。

「サブ垢」を用いるケース

サブ垢は現実の友達と交流しているアカウントで職場の同僚や上司などとは繋がりたくない、という人が作ることが多いアカウントになります。

例えば、大学時代の友達と居酒屋でお酒を飲んでいる写真を職場の上司が見た場合、職場で何か失敗したときに「遊んでばかりないで」などと余計なお小言を受けてしまうこともあるでしょう。

そのような事態は誰もが避けたいものです。

プライベートと仕事を分けるために、サブ垢を作る人が増えています。

或いはただ写真を投稿してアルバムを作っておきたい、日記として利用したい、パスワードなどを紛失してリア垢にログインできなくなっても問題ないようにしておきたい、などという理由で作る人もいます。

「裏垢」を用いるケース

先程から同じ例を挙げていますが、例えば露出の多い写真を投稿して人に見てほしいなどという願望を持っている場合、そのような写真を知り合いに見られたら困る、という人は珍しくありません。

そのような場合、現実の友達とは繋がっていない裏垢を作り、写真を投稿する、などということがあります。

現実の友達には知られたくないコミュニティーに関心があったり、あるいは悪口をいうための裏サイトなどでアカウントが欲しい、などという場合に作るものが裏垢になります。

「リア垢」を用いるケース

リア垢は自分の素顔を出すためのアカウントです。

友達と遊びに行った、友達と飲みに行った、など、友達と交流するために躊躇なく使うアカウントを指します。

ただし、もしも職場で使うために作ったアカウントであれば、素顔を出さなかったとしてもそれがリア垢になるケースもあります。

職場で使うためのアカウントを友達に見られたくない場合、友達と交流するためにサブ垢を作るという人もいるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典