スポンサーリンク

「サランラップ」と「クレラップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サランラップ」と「クレラップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「サランラップ」「クレラップ」は、どちらも中身は透明で使用する用途も同じであり、名前だけが違うイメージを持つ人が少なくありません。

そんな「サランラップ」「クレラップ」の違いを、分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「サランラップ」とは?

「サランラップ」は、日本では旭化成ケミカルズが製造し旭化成ホームプロダクツが販売している食品用のラップフィルムです。

素材として使用されているポリ塩化ビニリデンは、酸素やにおいを通さず、更に熱に強いという特徴を持っています。

そのため電子レンジでの加熱や冷凍保存にも向いているのです。

「クレラップ」とは?

「クレラップ」は、株式会社クレハが製造販売しているポリ塩化ビニリデンを素材とする食品用ラップフィルムです。

高い耐熱性と共ににおいを通さず、食品の鮮度を保つ事に優れた商品となっています。

その上、ラップを切りやすくするためのV字刃のクレハカットや、フィルムが出しやすい様にパッケージに工夫が施されているのが特徴です。

「サランラップ」と「クレラップ」の違い

同じポリ塩化ビニリデンが素材として使われており、中身はほぼ同じ特徴を持っているのです。

そんな「サランラップ」「クレラップ」の違いを分かりやすく解説すると、パッケージの違いが大きかったりします。

「クレラップ」の方にはV字刃のクレハカットでフィルムを切りやすくなっていたり、フィルムが引き出しやすい上に、巻き戻りし難いといった具合にパッケージが工夫されているのです。

まとめ

「サランラップ」「クレラップ」は、どちらもポリ塩化ビニリデンを素材にして製造されています。

お陰でにおいを通さず、耐熱性が優れているといった中身のフィルムの特性はほぼ同じです。

大きな違いは「クレラップ」の方が、パッケージに工夫が施されている分だけ、幅広い年齢層に無理なく使える所だったりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典