「サワークリーム」と「ヨーグルト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「サワークリーム」と「ヨーグルト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サワークリーム」「ヨーグルト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サワークリーム」とは?

「サワークリーム」の意味と概要について紹介します。

「サワークリーム」の意味

「サワークリーム」とは「生クリームに乳酸菌を加えて発酵させた食品」です。

「サワークリーム」の概要

「サワークリーム」は、英語の“Sour cream”が日本語化したもので、生クリームに乳酸菌を加えて発酵させた食品のことを言います。

生クリームは、牛乳から乳脂肪分以外の成分を取り除いて作ったもので、乳脂肪分が18%以上のものを言います。

生クリームに乳酸菌を加えて発酵させ、酸味を効かせた食品ですが、「ヨーグルト」よりもまったりとした口当たりになります。

ヨーロッパでは、様々な料理にコクやまろやかさを出す為に加えたり、ディップとして使われたりします。

「ヨーグルト」とは?

「ヨーグルト」の意味と概要について紹介します。

「ヨーグルト」の意味

「ヨーグルト」は、「牛乳やヤギの乳などに、乳酸菌を加えて発酵させた食品」です。

「ヨーグルト」の概要

「ヨーグルト」は、牛や羊など、家畜の乳に乳酸菌や酵母を加えて発酵させて作った食品です。

紀元前数千年前から作られていたもので、世界各地で様々な種類の「ヨーグルト」が作られています。

乳酸菌は、酸味を出すと共に、タンパク質を固める役割があり、「ヨーグルト」の固さの元になります。

そのままで食べる商品もあれば、料理の仕上げに加えることもあります。

また、「ヨーグルト」は腸内環境を整え、健康を保つ効果が期待できるなどから、日本でも数多くの商品が販売されています。

「サワークリーム」と「ヨーグルト」の違い!

「サワークリーム」「生クリームに乳酸菌を加えて発酵させた食品」です。

「ヨーグルト」「牛乳に乳酸菌と酵母菌を加えて発酵させた食品」です。

まとめ

今回は「サワークリーム」「ヨーグルト」の違いをお伝えしました。

「サワークリームは生クリームから」「ヨーグルトは牛乳から」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典