スポンサーリンク

「サンドウェッジ」と「ピッチングウェッジ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サンドウェッジ」と「ピッチングウェッジ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サンドウェッジ」「ピッチングウェッジ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サンドウェッジ」とは?

「サンドウェッジ」とは、「バンカーから砂と一緒にボールを高く飛ばしてコースに戻すエクスプロージョンの目的に向いているウェッジ」です。

「サンドウェッジ」はロフト角度が55~58度で、バンカーや深いラフからボールを高く打ち上げて抜け出すためのショットやスピンを効かせたアプローチショットに適しているウェッジなのです。

「ピッチングウェッジ」とは?

「ピッチングウェッジ」とは、「グリーン周辺の地点からボールを高めに打ち上げて転がすランニングアプローチに向いたウェッジ」です。

「ピッチングウェッジ」はロフト角度が44~47度で、一般的なアイアンセットに含まれることが多くなっています。

そのため、このピッチングウェッジを基準にすると、他の角度・用途が違うウェッジを揃えていきやすくなります。

「サンドウェッジ」と「ピッチングウェッジ」の違い!

「サンドウェッジ」「ピッチングウェッジ」の違いを、分かりやすく解説します。

「サンドウェッジ」「ピッチングウェッジ」はどちらも、「グリーンにアプローチするような短い距離のショットを打つ目的でデザインされたウェッジのクラブの総称」ですが、「サンドウェッジ」のほうが「ピッチングウェッジ」よりも「使用目的が特化されている違い」があります。

「ピッチングウェッジ」「高くボールを打ち上げて短めの距離をアプローチするためのウェッジ(ロフト角度は44~47度)」ですが、「サンドウェッジ」のほうは「バンカーや深いラフからボールを高く打ち出してコースに戻すエクスプロージョンのためのウェッジ(ロフト角度は55~58度)」である違いを指摘できます。

まとめ

「サンドウェッジ」「ピッチングウェッジ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「サンドウェッジ」とは「バンカーから砂と一緒にボールを高く飛ばして抜け出すエクスプロージョンに向いたウェッジ」を意味していて、「ピッチングウェッジ」「グリーンの周辺からボールを高めに上げて転がすランニングアプローチに向いたウェッジ」を意味している違いがあります。

「サンドウェッジ」「ピッチングウェッジ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典