「サーキュレーター」と「タワーファン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サーキュレーター」と「タワーファン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サーキュレーター」「タワーファン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サーキュレーター」とは?

「サーキュレーター」の意味と概要について紹介します。

「サーキュレーター」の意味

「サーキュレーター」「風を送って部屋の空気を循環させる為の電化製品」という意味です。

「サーキュレーター」の概要

「サーキュレーター」は、風を一定方向に送り、部屋の空気を循環させる為の電化製品のことを言います。

扇風機とは違い、その場で涼を取るのではなく、一定方向に強い風を起こして、その周辺の空気をかきまわして空気を循環させる為の家電製品です。

夏にエアコンを使用していると、冷たい空気が床に溜まってしまいますが、「サーキュレーター」があれば効率よく冷たい風を室内に循環させられます。

上下左右に角度調整がでるので、冬に暖房を使用する時にも使えます。

「タワーファン」とは?

「タワーファン」の意味と概要について紹介します。

「タワーファン」の意味

「タワーファン」は、「縦長の筒状の扇風機で、内部で細かい羽根を回転させて風を送る電化製品」という意味です。

「タワーファン」の概要

「タワーファン」は、スリムなタワー側をしていて、外部からは羽根が見えません。

内部で細かい羽根が回転して、全面の隙間から風が出てくる様になっています。

部屋の隅に置いたり、家具の隙間に設置するなど、省スペースで使用できるメリットがあります。

ただし、普通の扇風機の様に首ふりをしない分、風を行き渡らせる効果はありません。

風量も弱く、一人暮らしの人などが、スポット的に送風する為の家電製品です。

「サーキュレーター」と「タワーファン」の違い!

「サーキュレーター」「風を送って部屋の空気を循環させる為の電化製品」です。

「タワーファン」「縦長の筒状の扇風機で、内部で細かい羽根を回転させて風を送る電化製品」です。

まとめ

今回は「サーキュレーター」「タワーファン」の違いをお伝えしました。

「サーキュレーターは空気を循環させる」「タワーファンはスポット的に涼を取る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典