スポンサーリンク

「サーファー」と「陸サーファー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サーファー」と「陸サーファー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サーファー」「陸サーファー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サーファー」とは?

「サーファー」の意味と使い方について紹介します。

「サーファー」の意味

「サーファー」「プロ、アマを問わずサーフィンをする人のこと」です。

「サーファー」の使い方

「サーファー」は、海で波乗りをする人のことを言います。

プロの場合は「プロサーファー」と言いますが、「サーファー」だけならばプロ、アマどちらも含まれます。

「サーファー=ノリが軽い」というイメージがありますが、実際には過酷なスポーツで大会などもあり、真面目に取り組んでいる「サーファー」も多いのです。

「サーファー」の特徴は、温暖な気候に住んでいて、日焼けしているという点です。

バランス感覚が良いので、冬はスキーやスノーボードなどを楽しむ人もいます。

「陸サーファー」とは?

「陸サーファー」の意味と使い方について紹介します。

「陸サーファー」の意味

「陸サーファー」「おかさーふぁー」と読みます。

意味は、「ファッションとしてサーファーのような格好をしたり、サーフボードを持っているが、実際にはサーフィンをしない人のこと」です。

「陸サーファー」の使い方

「陸サーファー」は、実際にサーフィンをしないし、できないのに、まるでサーファーの様なファッションをしたり、部屋にサーフボードを飾っている人のことを言います。

本来の「サーファー」と区別する為に皮肉を込めて「陸サーファー」と呼ばれています。

「陸サーファー」の見た目の特徴は、日焼けしていることと、サングラスをかけていること、防水用の時計をしていることなどがあります。

「サーファー」のふりをする理由は、女性にモテたいからというのが圧倒的に多くなります。

「サーファー」と「陸サーファー」の違い!

「サーファー」「プロ、アマを問わずサーフィンをする人のこと」です。

「陸サーファー」は「サーフィンをしないのに、サーファーの様にふるまう人のこと」です。

まとめ

今回は「サーファー」「陸サーファー」の違いをお伝えしました。

「サーファーはアスリート」「陸サーファーは見かけ倒し」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典