スポンサーリンク

「システム刷新」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「システム刷新」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メガバンクのネットワークトラブル関連ニュースで耳にする機会が増えた言葉に「システム刷新」があります。

なんとなくは理解できそうに思える言葉ですが具体的にはどんな意味で使われているのでしょうか。

今回は、「システム刷新」の意味と類語を紹介します。

スポンサーリンク

「システム刷新」とは?意味

「システム刷新」とは「古いシステムを一掃し全く新しいものに入れ替えること」という意味の言葉です。

「システム刷新」の概要

「システム刷新」「刷新」には「古いものを取り除き新しいものにする」という意味があります。

「これまで使われてきた旧来のシステムを全て排除し、新しく一変させる」というのが「システム刷新」の意味する内容です。

「システム刷新」が指す「システム」は多岐にわたります。

一般的にはコンピュータープログラムのうち基本的な部分を司る「システムプログラム」のことを指しますが、それ以外にも組織の体制や集団のルールなど広い範囲の「システム」が含まれます。

そのため狭義では「コンピューターシステムを新しくすると」という意味で使われますが広義では「旧来の組織や決まりを一新する」という意味になります。

土台となる部分を新しく作りなおす「システム刷新」には大きなコストが掛かります。

金銭面はもちろん時間や労働力など総合的なコスト負担が膨らむことから頻繁に行われるものではありません。

新しい規格への対応や経営統合など古いシステムを使い続けることが難しくなった場合に「システム刷新」は行われます。

似たような言葉として「システム更新」がありますが「システム更新」が既存のシステムに修正を加えて新しくするのに対し、「システム刷新」「既存のシステムを捨て全く新しいシステムに移行する」という違いがあります。

「システム刷新」と表現する場合は例外を除き古いシステムを利用することはなく、全てのシステムは一から新しく作られます。

「システム刷新」の言葉の使い方や使われ方

・メガバンクのシステム刷新は相次ぐトラブルのせいで遅々として進んでいない。

・古いシステムに修正を重ねるよりもシステム刷新したほうがコスト的にもメリットが大きい。

・システム刷新により操作になれるまでしばらく時間がかかりそうだ。

・システム刷新で便利になるはずが逆に戸惑うことが増えてしまった。

「システム刷新」の類語や言いかえ

・枠組みの見直し
「物事を形作っている枠組みを見直す」という意味の言葉です。

一般的には「組織のあり方や運営方法などを大々的に見直し改める」という意味で使われます。

コンピューターシステム以外を指して使われる「システム刷新」とかなり似た意味の言葉ですが、こちらのほうがより大規模な取り組みを連想させます。

・総入れ替え
「古いものを残すことなく新しいものにすべて入れ替える」という意味の言葉です。

システムや組織のあり方などにも使われる表現であり意味合いは「システム刷新」とよく似ています。

「システム刷新」よりもこちらのほうがより徹底して過去の影響を残さず新しいものに切り替える強い意志がこめられています。

・抜本的改革
「物事の土台となる部分から改革する」という意味の言葉です。

土台となる部分はシステムと呼ばれるものであり「システム刷新」とは多くの点が共通していますが、古いものを残したり活用したりすることもあるため「刷新」よりも弱めの表現です。

まとめ

「システム刷新」は理解してしまえばそれほど難しい言葉ではありません。

言葉の指す内容を正確につかみ正しく使いこなしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典