スポンサーリンク

「システム手帳」と「手帳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「システム手帳」と「手帳」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をされている方は、スケジュール調整や打ち合わせメモなどをどんな方法で行っているでしょうか? 今ではスマートフォンに色々な機能が付いているために、これで済ませている人もいるかもしれません。

しかし、「システム手帳」「手帳」をしっかりと使っている人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、「システム手帳」「手帳」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「システム手帳」とは?

「システム手帳」は、手帳の中身(リフィル)を交換することができ、日常的なメモ書きだけでなく、ビジネス用途まで幅広く使うことができる機能的な手帳のことを指しています。

忙しい情報化時代の中においては、予定・行動管理・時間管理にまで含めて活用することができるようになっているのです。

また、「システム手帳」はカバーが革製のものが一般的な点も特徴の1つでしょう。

「手帳」とは?

「手帳」「打合せしたことや見たこと・思い浮かんだことなどの記憶を書き留めておくためことを目的とした小冊子のこと」を言っています。

「システム手帳」と「手帳」の違い

では、「システム手帳」「手帳」の違いとは一体どのようなものなのでしょうか?

『手帳」は「記録・記録を書き留める小冊子」と呼んでますが、「綴じるタイプ」「システムタイプ」の2種類があります。

「綴じるタイプの手帳」「とてもコンパクトなサイズでデザインも豊富・価格もリーズナブルという特徴があるものの、一度使い始うと、途中で変更させることができません。

しかも、使い終わってしまうと、新しい手帳を買う必要が出てきます。

一方の「システム手帳」は、ペン差し・ポケットなどが用意されており、本革製のものもあります。

特に色々ななスタイルのリフィルから好きなものが選択でき、中身だけを入れ替えりことで再び使用することが可能。

特に中身を自由に組み合わせたたり入れ替わりさせることができるのです。

「システム手帳」は多機能なためにビジネスユースが大半だと考えられがちですが、最近ではデザインや材質も凝っており、「綴じるタイプの手帳」のようなコンパクトさを持ち合わせたものも販売されています。

「システム手帳」の厚さもさまざまですが、使われているリングの大きさによって変わってきます。

リングの大内径がA5サイズで15~30mm、バイブルサイズで10~25mm、ポケットサイズで8~15mm、ミニサイズで8~10mmと細かく分かれています。

「システム手帳」の例文

・『僕は仕事のスケジュール管理もシステム手帳で管理している』
・『スマホが出てきてシステム手帳は要らなくなったかも』

「手帳」の例文

・『手帳に今日の打合せを書き留めておこう』
・『来年の手帳を買っておかなきゃ』

まとめ

「システム手帳」「手帳」の違いを説明してきましたが、最近ではスマホがあれば、何とかなるもの。

それだけに手帳の使い方も再度チャレンジした方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典