スポンサーリンク

「シタ夫」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シタ夫」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シタ夫」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シタ夫」の意味

「シタ夫」とは「不倫、浮気をした夫」を略したネット用語。

「シタ夫」の解説

「シタ夫」とは、浮気をした夫、不倫をした夫を略したネット用語です。

浮気問題、不倫問題は、家庭の恥とも言えますので実生活で気軽に周りの人に相談できず悩んでいる人は多いでしょう。

本音はネットで匿名で吐くといった方法が安全とも言えますので不倫関係のネット用語は充実しています。

登場人物としては「サレ妻」「シタ夫」「毒プリ」(or「鬼プリ」)という三人が主となります。

「毒プリ」とは「独身で不倫をしている人」で主に不倫をしている独身女性に対して使われます。

一方「シタ夫」の不倫相手が既婚女性だった場合は「鬼プリ」と言います。

「シタ夫」の使われ方

「シタ夫」を使った例文をいくつか紹介しますので、使い方のイメージを掴んでみてください。

「前から怪しいとは思っていたけど、旦那はシタ夫決定となりました」

「シタ夫が別れたなんて言ってもすぐに信じちゃダメ、毒プリと水面下の可能性もあるから」

「シタ夫からサレ夫になった俺」

「シタ夫の親は、所詮シタ夫の味方であって、妻の味方なんて絶対しない」

「シタ夫と鬼プリがラリってる間に、証拠をどんどん確保すべき」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典