「シャットダウン」と「再起動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シャットダウン」と「再起動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シャットダウン」「再起動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シャットダウン」とは?

「シャットダウン」の意味と概要について紹介します。

「シャットダウン」の意味

「シャットダウン」とは「コンピュータのシステムを全て終了させて、電源をオフにすること」という意味です。

「シャットダウン」の概要

「シャットダウン」とは、コンピュータのシステムを全て終了させて、電源を切ることを言います。

「シャットダウン」は、パソコン内で稼働しているシステムをきちんと終了させて、正しく処理してから電源をオフにすることを言います。

フリーズした時に強制終了することもありますが、保存していないデータが失われたり、プログラミングが壊れる可能性もあるのです。

「シャットダウン」は、パソコンを正常に保つために必要な電源オフの方法なのです。

「再起動」とは?

「再起動」の意味と概要について紹介します。

「再起動」の意味

「再起動」「さいきどう」と読みます。

意味は「コンピュータやアプリを一度終了させてから、再度立ち上げること」です。

「再起動」の概要

「再起動」は、コンピュータやアプリなどを、一度全て終了させて電源を切り、すぐに立ち上げることを言います。

「再起動」は、一度立ち上げたコンピュータがフリーズするなどしてうまく作動しない時や、新しくソフトやドライバなどをインストールした時に使われます。

もう一度立ち上げることで、パソコン内が整理された状態になり、不具合が直ったり、新しいプログラムが上手く組み込まれて稼働する様になるのです。

「シャットダウン」と「再起動」の違い!

「シャットダウン」「コンピュータのシステムを全て終了させて、電源をオフにすること」です。

「再起動」「コンピュータやアプリを一度終了させてから、再度立ち上げること」です。

まとめ

今回は「シャットダウン」「再起動」の違いをお伝えしました。

「シャットダウンは電源オフ」「再起動は電源オフ後再度立ち上げる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典