スポンサーリンク

「シュノーケリング」と「スキューバダイビング」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シュノーケリング」と「スキューバダイビング」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シュノーケリング」「スキューバダイビング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シュノーケリング」とは?

「シュノーケリング」は、シュノーケルという水中で水面下に存在する外気を取り入れる装置を用いて水中花に居続ける行為です。

通常、人間は水中下では酸素を取り入れることができないのですが、シュノーケルを用いれば水中にいながら外気を取り入れることが可能で呼吸を可能とします。

「スキューバダイビング」とは?

「スキューバダイビング」は、水上から外気を取り入れることなく水中で酸素ボンベから外気を取り入れる仕組みです。

この仕組みを採用すれば、長時間酸素ボンベの酸素が続く限り水中に居続けることが可能となります。

「シュノーケリング」と「スキューバダイビング」の違い

「シュノーケリング」「スキューバダイビング」の違いは、酸素を取り入れる仕組みが異なります。

「シュノーケリング」は、シュノーケルを使用して水中から酸素を取り入れるために筒を出して空気を吸い込みますが、あくまでこれは水中に居続けるための行為です。

「スキューバダイビング」は酸素ボンベを使用するため、水中から筒を出す必要性が無く、自然と自発呼吸できるという違いがあります。

「シュノーケリング」の例文

・『ディーゼルエンジンの潜水艦はシュノーケリングをしている』

この例は、ディーゼルエンジン型の潜水艦は、エンジンの排気ガスを外に放出し、内部に新鮮な空気を取り入れるため、筒を設けているという例です。

「シュノーケリング」は筒を使用して水中にいながら酸素を取り込むことにあり、これらは潜水艦にも応用されています。

「スキューバダイビング」の例文

・『ハワイでスキューバダイビングだ』

この例は、ハワイで酸素ボンベを使用した海に長時間潜る体験をしに行くという例です。

「スキューバダイビング」は自発呼吸を水中花で行うことで、酸素ボンベや酸素を水中にいながら取り込むことができる方法で、潜水艦に乗り潜ることも実はダイビング扱いになります。

まとめ

「シュノーケリング」「スキューバダイビング」の違いは水中にある際、どの様に酸素を取り込むかが異なります。

「シュノーケリング」は筒を使用して水中にいながら亜酸素を取り込み、これは潜水艦にも応用されています。

一方、「スキューバダイビング」は、酸素を水中にいながら取り込むことを可能とした潜る方法のことを指し、実は、潜水艦そのものに乗って潜ることも「スキューバダイビング」になります。

何故なら、潜水艦内に酸素を人間が取り込める仕組みがあるが故これも水中花に潜るための手段です。

ただ、潜水艦の場合、魚と同じ目線になり海の中を見れる状況化に無いと厳密には、「スキューバダイビング」にならないため、観光地では、潜水艦にわざわざ窓を設けているのはそうした海の様子を見ることができるようにしているが故になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典