「ショック」と「辛い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ショック」と「辛い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ショック」「辛い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ショック」とは?

「ショック」とは、物理的な打撃、衝撃という意味と、予想外のことが起こった時の心の動揺、衝撃といった意味があります。

また体においては、末梢の血液循環不全をきたし、急激に血圧低下、意識混濁などが起こった状態のことを意味します。

それが急速に進行することで亡くなることを「ショック死」と言います。

このように「ショック」とは複数の意味合いがあります。

「辛い」とは?

「辛い」とは、苦痛を感じて我慢ができないといった状態という意味と、人に対して思いやりがない、冷たくむごい仕打ちという意味と、どうして良いかわからずに苦しい、困っているという意味があります。

大まかに分けて「辛い」には三通りあると覚えておくといいでしょう。

体の状態、人の行動、心の状態といったものを表す言葉です。

どの意味合いの「辛い」なのかは、前後にある言葉や、その時の状況などに照らし合わせれば判断は容易です。

「ショック」と「辛い」の違い!

「ショック」「辛い」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも体や心の状態を表す言葉という共通点があります。

「ショック」とは打撃、衝撃といった意味があります。

また体においては末梢の血液循環不全をきたし急激に血圧低下、意識混濁、感覚鈍麻などが起こった状態を意味します。

日常会話でよく使われる意味としては予想外のことが起こり心の動揺を表す時でしょうか。

「ショックのあまり、皿を落とした」「彼がこんなことをするなんてショックだ」「ショックで口もきけない状態」といった風に使います。

一方の「辛い」は、肉体的な苦痛に我慢ができない状態、人に対する仕打ちが冷たくてひどい、どうして良いかわからないと苦しむ、困るといったように複数の意味があります。

いずれにしましても「苦しい」といったことは共通しています。

「ショック」の場合は、心の動揺ですから、怒り、悲しみ、苦しみ、驚きなど様々な感情を意味します。

これが「ショック」「辛い」の違いとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ショック」「辛い」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「ショックは衝撃、動揺」「辛いは苦しみ」と覚えておきますとわかりやすくなります。

言葉の意味を正しく理解して、ふさわしい方を選び使うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典