スポンサーリンク

「ショートケーキ」と「ホールケーキ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ショートケーキ」と「ホールケーキ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ショートケーキ」「ホールケーキ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ショートケーキ」とは?

「ショートケーキ」は、ショートニングという植物性の油脂を使用して作られたケーキ群全般を呼びます。

決して、ケーキ販売店が一人分の量のケーキを取りやすくした、短いケーキであるという意味ではなく、ケーキに使用されている油がショートニングであるというだけのケーキ群を、「ショートケーキ」と呼びます。

「ホールケーキ」とは?

「ホールケーキ」はカッティングされることなく焼き上げたり、ゼリーのような寒天で作られたケーキ群になり、大きさに規定があるケーキです。

自らが食べる際に切り分けるのが特徴で、日本では、直径12センチから24センチまでが「ホールケーキ」を名乗ることが可能で、それぞれの国によって「ホールケーキ」を名乗る大きさが異なります。

「ショートケーキ」と「ホールケーキ」の違い

「ショートケーキ」「ホールケーキ」の違いは、ショートニングを使用しているかと、大きさが大きく、一人用の量ではないかどうかです。

「ショートケーキ」は、前提としてショートニングが入ってないと成立しません。

逆に、「ホールケーキ」の場合、観点を使用したゼリーで型に入れたものでかつカッティングしていなければ、「ホールケーキ」になりますし、ショートニングを使用していても「ホールケーキ」でカッティングされてなければ「ホールケーキ」です。

「ショートケーキ」は、カッティングされた一人分のショートニング配合ケーキ、「ホールケーキ」は、主成分はどうでもよい、多人数用ケーキと覚えておくとよいでしょう。

実際に、巻き尺などで直径が12センチ以上24センチ以下を量ることなんてできないと思われますので、「ホールケーキ」は多人数用ケーキと覚えておくのが無難です。

「ショートケーキ」の例文

・『このショートケーキ、イチゴの代わりにマスカットが乗っている』 この例は、ショートニングを使用したケーキの定番である「ショートケーキ」に一期ではなくマスカットが使用されていたという例です。

実は、「ショートケーキ」は、ショートニングを使用して作られたケーキで初期に作られたものにイチゴが乗っていたが故、イチゴを乗せないといけないと思われていますがそうではありません。

「ショートケーキ」中には、イチゴ以外の果物を乗せたものも存在するのはそうした理由からです。

「ホールケーキ」の例文

・『このホールケーキは何人分?』 この例は、カッティングされてないケーキが何人分であるかを聞いた例です。

「ホールケーキ」は、カッティングされていないケーキのことで一人分ではないケーキになります。

まとめ

「ショートケーキ」と言えば、イチゴである、という方はとても多いのですが、実はそれは初期にショートニングを使用して作られたケーキを引きずっているだけで、実は、別の果物を使用しても何ら問題はないのです。

「ホールケーキ」については、直径12センチ以上24センチ未満という定義がありますが、実際に大きさを調べてから購入する方はまずいないので、「ショートケーキ」は、小さいケーキ、「ホールケーキ」は、多人数用という認識でも構わないでしょう。

実際、「ショートケーキ」に使用されているショートニングは健康被害があり、だんだんと使用規制をしていますので、実は、「ショートケーキ」は、ショートニングを使用してなかったという事例もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典