「シルク」と「カシミア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シルク」と「カシミア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シルク」「カシミア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シルク」とは?

「シルク」とは、「蚕(カイコ・カイコガ)が作る繭から採取した絹の繊維あるいは絹(生糸)を用いてつくった衣類・絹織物・製品の総称」を意味しています。

「シルク」とは簡単に言えば、「カイコ・カイコガの繭から取ることができる絹・生糸」のことなのです。

「シルク」には、「外観に光沢がある・肌触りがなめらかで気持ち良い・高級感があり高価である」といった特徴があります。

「カシミア」とは?

「カシミア」とは、「インド北部(パキスタンや中国との国境近くにある山岳地帯)のカシミール地方に生息するカシミアヤギから採取した良質な獣毛あるいはそれで織った毛織物・衣類」のことです。

「カシミア」はかつては王侯貴族がショールや防寒着として使用していた毛織物の素材であり、現在もその希少性・保温性・見た目の質感の良さから「最高級の毛織物」とされています。

「カシミア」は、「保温性に優れた高級なコート・ニット・ショール・帽子などの素材」として使用されています。

「シルク」と「カシミア」の違い!

「シルク」「カシミア」の違いを、分かりやすく解説します。

「シルク」「カシミア」はどちらも「洋服(衣料・衣類)の素材になるもの」を意味しているところは似ていますが、「シルク」「カイコ(カイコガ)の繭から取られる絹・生糸やそれらを使った衣類」のことを意味しています。

カイコの繭から取られる「シルク」に対して、「カシミア」のほうは「北インド・中国の国境付近にあるカシミール地方にいるカシミアヤギから採取される獣毛やそれを使った毛織物・ニット類」を意味している違いがあります。

「シルク」「滑らかな感触で光沢のある外観をした絹」であり、「カシミア」のほうは「防寒性に優れた光沢のある希少性のある高級な獣毛」であるという違いを指摘できます。

まとめ

「シルク」「カシミア」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「シルク」とは「蚕(カイコ)が作る繭から採取した絹の繊維あるいは絹(生糸)を用いた衣類・製品の総称」を意味していて、「カシミア」「カシミール地方に生息するカシミアヤギから採取した良質な獣毛あるいはそれで織った毛織物・衣類」を意味している違いがあります。

「シルク」「カシミア」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典