スポンサーリンク

「シーケンス」と「フローチャート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「シーケンス」と「フローチャート」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「シーケンス」「フローチャート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「シーケンス」とは?

「シーケンス」とは、「上から下に向かって直線的かつ連続的に処理が進むワークフローを図式化したもの」を意味しています。

「シーケンス」を英語で表記すると「sequence」になります。

「シーケンス」というのは、「複数のアクティビティーを直線で連続させてつなげたシンプルなワークフロー」のことを指し示しているのです。

「シーケンス」のワークフローでは、原則として(例外的に条件分岐できるソフトを除き)「フィードバックして前の段階に戻るような設定」はできません。

そのため、「シーケンス」「条件を分けないシンプルな作業フロー」に向いています。

また、処理の回数が少ないプロセスを図式化する際にも使いやすくなっています。

「フローチャート」とは?

「フローチャート」とは、「条件選択で進路を変えながら行う段階的な処理のワークフローを図式化したもの」を意味してます。

「フローチャート」を英語で表すと「flowchart」になります。

「フローチャート」というのは、「複数のアクティビティーを条件によって次の行き先を分岐させながら処理を進めていく複雑だが視認性に優れたワークフロー」のことを示唆しているのです。

「フローチャート」のワークフローでは、「条件によって行き先を分ける設定によって、前のアクティビティーに差し戻すこと」ができます。

そのため、「フローチャート」「条件が分かれている比較的複雑なワークフロー」に向いています。

また、アクティビティー数の多いプロセスでも表現しやすい図式になります。

「シーケンス」と「フローチャート」の違い

「シーケンス」は、「上から下に作業を順番に並べて直線的に処理していくワークフロー」のことです。

それに対して「フローチャート」は、「複数のアクティビティーを条件による分岐で進む方向を指示しながら処理していく図式」である違いを指摘できます。

「シーケンス」「直線で連続的にアクティビティーをつなげて配置したもの」で、「フローチャート」「平面上にアクティビティーを条件選択で分岐させながら配置したもの」になります。

「フローチャート」「シーケンス」よりも、「図式の一覧性・俯瞰可能性といった視認性」が優れている違いも挙げられます。

一般的に「シーケンス」のほうが「単純な作業工程でアクティビティーの数も少ないフロー」を表すのに向いています。

「フローチャート」は、「複雑でアクティビティーの数が多い条件つきのフロー」を表現するのに適しています。

まとめ

「シーケンス」「フローチャート」の違いについて明解に説明しましたが、いかがでしたか? 「シーケンス」とは、「直線的に処理するフローの図式化」を意味しています。

「フローチャート」は、「複数の処理を条件分岐を伴いながら行う場合のフローを図式化したもの」を示唆している違いがあります。

「シーケンス」「フローチャート」の違いについて詳しくリサーチしたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典