「ジェスチャー」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ジェスチャー」とは?

みなさんは、「ジェスチャー」という言葉を知っているでしょうか。

パーティのゲーム等にも登場する「ジェスチャー」は、知らない人の方が少ない言葉かもしれません。

しかし、最近は飲み会に参加しない若い世代の人も増えていますので、「ジェスチャー」を知らない世代の人もいるでしょう。

そこで、カタカナ語のひとつ「ジェスチャー」の意味や使い方を紹介します。

「ジェスチャー」の意味

「ジェスチャー」には、どのような意味があるでしょうか。

「ジェスチャー」には、「ボディランゲージのひとつで、身振り手振りで表現する事」という意味があります。

何かを伝達する時に、ほとんどの場合、言葉を使いますが、外国人と話をする時などは、言葉が通じないケースもあります。

このような時に、身振り手振りを言葉の代わりに使います。

また、言葉が通じる相手にも、「ジェスチャー」を加える事で、より分かりやすく、より印象的にする事ができます。

このように「ジェスチャー」には、「身振り手振りで表現する事」という意味があります。

「ジェスチャー」の言葉の使い方

「ジェスチャー」という言葉を、どのような場面でどのように使えばいいでしょうか。

「ジェスチャー」は、言葉を使わずに意図を伝えたい時に使う事が多いでしょう。

そこで街中で出会った日本語ができない外国人に、駅までどのように行けばいいか伝えたい時などに、「ジェスチャー」という言葉を使ってみましょう。

一緒にいる友達などに「ジェスチャーで、行き方を伝えてみよう」などと提案すると、身振り手振りで伝えようという意図が伝わります。

また「ジェスチャー」は、ゲームとしても魅力的です。

新歓コンパや忘年会などで、みんなが仲良くなれるゲームを提案する時などに、「ジェスチャー」はどうだろう?と提案してみてはいかがでしょうか。

「ジェスチャー」を使った例文

「ジェスチャー」という言葉を使った、例文を紹介します。

様々な場面における、「ジェスチャー」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

「ジェスチャー」の例文1

「海外旅行に出かけた。の国だったが、私は英語がまるで話せない。しかし『ジェスチャー』だけでも、買い物もでき、困った事もなかった」

この例文のように、海外旅行で「ジェスチャー」は威力を発揮します。

ボディランゲージは、言葉が通じない国でも、比較的意図を伝えやすい傾向があります。

恥ずかしがらずに「ジェスチャー」を使える人は、どのような国に行っても楽しく暮らせるでしょう。

「ジェスチャー」の例文2

「結婚して、妻の実家に遊び行った。家族がたくさんいて、パーティのような状態になった。いつの間にか『ジェスチャー』ゲームが始まり、私も照れながら参加した」

たくさんの人が集まり親睦を深めたい時に、古典的ですが「ジェスチャーゲーム」は楽しい時を提供してくれます。

何もすることが思い浮かばない時などに、「ジェスチャーゲーム」を試してみましょう。

ビジネスシーンにおける、「ジェスチャー」

東京オリンピックの招致のスピーチで、「おもてなし」というフレーズが登場しました。

その時に、両手を合わせてお辞儀する「ジェスチャー」が登場し、日本人の記憶に残りました。

仕事の場面でも、「おもてなし」「ジェスチャー」を加えるように、自分の言葉に「ジェスチャー」を加えると、関係者の記憶に残りやすいでしょう。

プレゼンや会議での発言時に、効果的な「ジェスチャー」を加えるようにすると、いつもよりも発言に影響力が増すかもしれません。

結果的にプレゼンが成功したり、コンペに勝利するなどの良い結果を手にする事ができるようになるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典