スポンサーリンク

「ジャーナリスト」と「ライター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジャーナリスト」と「ライター」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ジャーナリスト」「ライター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ジャーナリスト」とは?

新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアに報道用の記事や素材などの情報を提供する職業で、そのジャーナリストが専門とする事柄に対する現状や意義、展望を報道します。

時事問題の報道・評論を社会に伝達する活動をジャーナリズムと呼び、その活動をする人をジャーナリストと言います。

新聞記者や放送記者、テレビのキャスターもジャーナリストの側面を持っており、経済ジャーナリストや鉄道ジャーナリスト、音楽ジャーナリストなど様々なジャンルに対してジャーナリストが存在します。

国際ジャーナリストであれば戦争や国同士の対立、経済問題などを取り扱うジャーナリストと言えるもので、国際的なジャーナリストの団体である「国境なき記者団」というものも存在します。

ジャーナリストは権力の暴走を監視するという使命もあり、2021年のノーベル平和賞はロシアとフィリピンのジャーナリストが受賞し、強権下での報道の自由の保証を掲げた報道姿勢が高く評価されています。

「ライター」とは?

ジャーナリストと比較した場合のライターは書き手や著作家を指し、架空の脚本も手掛けるシナリオライター、社会現象、事件を客観的に書くことが使命のルポライター、署名本人された著者になりかわって執筆する人を指すゴーストライター、インタビュー記事を手掛けるインタビューライター、説明書を手掛けるテクニカルライター、インターネット上の記事を書くwebライター、キャッチコピーを手掛けるコピーライターなどの言葉があります。

作詞家もライターと分類される場合もあります。

いずれも書くという仕事のため、イラストや写真、動画によって伝える手法はライターのメインの仕事ではありません。

「ジャーナリスト」と「ライター」の違い

「ジャーナリスト」「ライター」の違いを、分かりやすく解説します。

「ジャーナリスト」は記事を書くこともありますがテレビに出るなど動画のスタイルで伝えることもある仕事で、専門とする時事問題の報道・評論を社会に伝達する活動を行います。

ジャーナリスト本人の評論が加わるため、専門性や中立性が大事になる仕事でもあります。

国際ジャーナリストや料理ジャーナリストなどあらゆるジャンルがあります。

ジャーナリストと比較した場合のライターは書き手や著作家を指す言葉で、例えば架空作品のシナリオライターやファンクラブの記事のライターであれば中立性はジャーナリストほど重視されません。

コピーライターやシナリオライターなどジャンルごとに分かれたライターが存在します。

記事を書く仕事のため、動画や写真で表現するのはメインではありません。

音声であれば記事部分までで読むのはアナウンサーなどの仕事です。

まとめ

「ジャーナリスト」「ライター」は記事を書く仕事という部分では共通していますが報道の意図を持ち、時事問題などを取材をして評論をするのがジャーナリスト、報道の意図を持たないものも含み、文章を書く仕事を指すのがライターです。

ジャーナリスト兼ライターも存在しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典