スポンサーリンク

「ジーンズ」と「チノパン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ジーンズ」と「チノパン」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気のファッションには、色々なアイテムがあります。

この記事では、「ジーンズ」「チノパン」の違いを分かりやすく説明していきます。

それぞれの魅力を知って、洋服選びのヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「ジーンズ」とは?

ジーンズとは青や黒の、デニム生地で織られたパンツのこと。

インディゴ系のあざやかな染料で染めた、綿生地のズボンです。

厚みがあるので破れにくく、色々なトップスと合います。

カジュアルアイテムのひとつです。

ジーンズはもともと、アメリカの鉱山で働く人たちのユニフォームだったもの。

しだいにレトロな風合いが脚光を浴びるようになり、お洒落なファッションアイテムとして定着するようになりました。

肌ざわりがよく、オールシーズン着こなせるのがジーンズの魅力です。

洗濯する度に風合いも変わるので、数年にわたり「色褪せ感」を楽しんでいけます。

最近はハイライズというウエスト位置が高いジーンズや、足にぴったりフィットするスキニージーンズ。

裾がベルボトムのように膨らんだフレアジーンズなど、色々なタイプも登場しています。

自分にあったデザインを選べるのも、ジーンズの華やかな魅力です。

「チノパン」とは?

チノパンとは薄いベージュ色の、薄手の生地でつくられたパンツのこと。

流行に左右されず、時代をこえて愛されるベーシックパンツです。

チノパンはもともと、イギリス陸軍の制服だったもの。

動きやすさを考えて、編み出されたものです。

体を締めつけないパンツのため、世代や男女問わず身に付けられます。

どんなアイテムとも合わせやすいので、1本持っていると、コーディネートが広がるようになります。

シンプルなチノパンですが、最近はシルエットを絞ったスキニータイプ。

タックが入ったツータック系チノパン、古着っぽさを出したヴィンテージチノパンなども出ています。

基本のチノパンと一緒にこうした個性派のチノパンを持っておくと、着こなしが楽しくなります。

「ジーンズ」と「チノパン」の違い

どちらも大人カジュアルに相応しいアイテムです。

「ジーンズ」「チノパン」の違いを、分かりやすく解説します。

・青い「ジーンズ」茶色い「チノパン」
「ジーンズ」「チノパン」は昔から愛される、カジュアル系のパンツです。

大きな違いは生地の色と風合いになります。

ジーンズは青や黒など、ブルー系の生地で織られています。

太番手のデニム生地がつかわれているので、ガシガシとした硬い肌触りです。

またチノパンは、茶色やカーキ、ベージュなどブラウン系の生地で織られています。

光沢感とツヤのある生地がつかわれているので、デニムよりも軽くてやわらかい肌触りが印象的です。

まとめ

「ジーンズ」「チノパン」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもアパレル店で人気のある、ベーシックなパンツです。

ジーンズはデニム生地で織られた、硬い質感のパンツのこと。

丈夫で動きやすい、おしゃれなパンツです。

チノパンはコットン生地で織られた、なめらか質感のベージュ系パンツです。

どちらも大人カジュアルを応援してくれる、人気のアイテムです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典