スポンサーリンク

「スカラー」と「ベクトル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スカラー」と「ベクトル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スカラー」「ベクトル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スカラー」とは?

「スカラー」は、物質の大きさを示す言葉で、物理学で使用されます。

これは、物体が動いているが、どのくらいのスピードであるか、どこに向かっているかを計測できない物質に対しての大きさを示す言葉です。

逆に明確にこっちに大きい物が来ているとした場合、それは「スカラー」ではなく、「ベクトル」と呼びます。

なお、「スカラー波」という電磁波は、どっちに向かって飛んできているか分からない電磁波なので、これも定義上「スカラー」で電磁波も一応どっちに向かってきてるか分からないものは、「スカラー」です。

「ベクトル」とは?

「ベクトル」は、物理学で使用される言葉で、物体の沖差に向きが加わってます。

つまり大きい物が空から地上にという具合に向きが分かっていればそれは、「ベクトル」でベクトルは物体の速度や圧力を計測します。

なお「ベクトル波」は、方向が分かっていて一定の電磁波であるため、いわばレーダーロックする際に発する電波がこの「ベクトル波」で、潜水艦が周りを調べて何か大きい物がいないかどうかを確認する音波は、「スカラー」です。

「スカラー」と「ベクトル」の違い

「スカラー」「ベクトル」の違いは、物体の重さを表す単位であるか、速度や密度の他ぶつかってくる際の圧力を示すかです。

「スカラー」は重さだけ、「ベクトル」は、物体が移動していて速度が出てるので、速度を示していてぶつかった際の圧力と覚えるとよいでしょう。

「スカラー」の例文

・『スカラー波』
この言葉は一時期話題になった言葉で、電磁波の一種で、どこに向けられたのか分からない、広がるタイプの電磁波です。

電磁波には種類があり、決められた方向から一定方向に進むものとそうではない物があり、この電磁波は拡散するため、「スカラー」というただ単に規模が大きいだけの電磁波だと言われます。

「ベクトル」の例文

・『ベクトル波』
この言葉は、一定方向に飛ぶ電磁波のことで簡単に言えば、まっすぐ飛んでくる電波です。

これは、仕組みとしては計測器に用いる電波で、測量地点をAとした場合、Bに向けて電波を出すとまっすぐBまで直進し、Bに到着したら跳ね返り返ってくることで跳ね返りの時間から測量をします。

なおBには、Aから出る電波を跳ね返す装置を設置しておく必要性があり、これを怠ると電波はまっすぐに進んでしまいます。

まとめ

「スカラー」「ベクトル」の違いは、重さのみを示すか、物理学の専門用語であるか速度や圧力を示すかです。

「スカラー」は物質の重さや規模のことを指し、「ベクトル」は速度を計測するうえで、どこの方向に向いて進んでいるかを計測し、ぶつかった場合においての衝突規模を図ることができます。

何故、ぶつかった規模を計測できるかは、移動している向きを正確に計測できるため、ぶつかる場所も特定可能で速度から圧力を計測できるため、ぶつかった際の衝撃の他威力のような物を計測できるのが「ベクトル」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典