スポンサーリンク

「スキムミルク」と「練乳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スキムミルク」と「練乳」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スキムミルク」「練乳」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スキムミルク」とは?

「スキムミルク」とは、「牛乳から脂肪成分を取り除いた脱脂粉乳(だっしふんにゅう)」のことです。

「スキムミルク」「乾燥させた粉状の乳製品」であるため、そのままでは使えずお湯などに溶かして使用します。

溶かして乳飲料として飲む以外にも、料理・お菓子などの材料として使われています。

「スキムミルク」には砂糖(ショ糖)が添加されていないので、そのままでは甘味はほとんどなく、乳臭さが目立ちやすい特徴があります。

「練乳」とは?

「練乳」とは、「牛乳または脱脂乳を煮詰めて濃縮した乳製品」のことです。

「練乳」「牛乳を煮詰めた液体・固体の状態の乳製品」であり、そのまま果物やパン類などに振りかけたり、料理の風味づけとして利用したりします。

「練乳」には、砂糖(ショ糖)を加えて濃縮した「甘いコンデンスミルク・加糖練乳」と砂糖(ショ糖)を加えずに濃縮した「甘くないエバミルク・無糖練乳」があります。

「練乳」の種類は、「加糖練乳・加糖脱脂練乳・無糖練乳・無糖脱脂練乳」に分類することができます。

「スキムミルク」と「練乳」の違い

「スキムミルク」「練乳」の違いを、分かりやすく解説します。

「スキムミルク」とは、「牛乳から脂肪分を無くして、乾燥させて粉末状にしたもの」を意味しています。

「練乳」のほうは、「牛乳・脱脂乳(牛乳から脂肪分を取った乳)を加熱して煮詰めることで濃縮した乳製品」を指し示している違いがあります。

「スキムミルク」には「糖分の甘味・脂肪分のカロリー」はありませんが、「練乳(加糖練乳)」には「ショ糖(糖分)の強い甘味・牛乳の脂肪のカロリー」が含まれている点も異なっています。

「スキムミルク」「粉の状態の脱脂粉乳」なので、そのままでは飲めずお湯などに溶かして飲みます。

「練乳」「液体・固体の状態」であるため、そのまま飲んだり果物類などにかけて食べたりすることができる違いも挙げられます。

「スキムミルク」は基本一種類ですが、「練乳」は大きく甘いコンデンスミルクと甘くないエバミルクに分けられます。

「スキムミルク」の例文

・『スキムミルクは戦後の給食で脱脂粉乳として出されていた乳製品ですが、甘味がなくて乳臭いので美味しいと感じる人は稀でした。』

・『スキムミルクには脂肪分と糖分が含まれていないので、低カロリーでヘルシーな乳製品として料理にもよく応用されます。』

「練乳」の例文

・『練乳と聞いてイメージするのはイチゴに振りかける甘い加糖練乳ですが、練乳には砂糖を加えていない甘くないものもあります。』

・『練乳はそのまま果物やパンにかけても美味しいのですが、アイスクリームやお菓子の甘味としても利用することができます。』

まとめ

この記事では、「スキムミルク」「練乳」の違いを詳しく説明しましたがいかがでしたか? 「スキムミルク」とは「牛乳から脂肪成分を除去した上で乾かして粉末にしたもの」を意味していて、「練乳」「牛乳あるいは脱脂乳を濃縮したもの・ショ糖を加えたものと加えないものがある」を意味している違いがあります。

「スキムミルク」「練乳」の違いについて詳細に調べたい人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典