スポンサーリンク

「ストール」と「ショール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ストール」と「ショール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ストール」「ショール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ストール」とは?

「ストール」は、「薄い生地で幅が広くて丈も長く、肩掛けとして使用する衣料品のこと」です。

「ショール」と混同されることが多いのですが、「ストール」は、元々マフラーの様に首元に巻いて使うものでした。

季節に応じて素材が変わり、冬は防寒性の高い厚手のウール、夏場は紫外線を防ぐ麻などが使われています。

ファッション性が高くマフラーよりも緩く巻き付けて、華やかな印象をプラスします。

最近では羽織って使うタイプのものも増えています。

「ショール」とは?

「ショール」「厚手の生地で大判、三角に折って頭巾や肩掛けとして使用する衣料品のこと」です。

「ストール」よりも厚手で大判ですので、対角線で負って三角形の形にして、羽織ものとして使うものでした。

女性がパーティードレスの上に羽織り、ブローチなどで留めてオシャレを楽しむこともできます。

また、外出時に寒い時にひざ掛けに使用したりなど、どちらかと言えば保温目的で使用することの多いアイテムです。

「ストール」と「ショール」の違い!

「ストール」「薄い生地で幅が広くて丈も長く、肩掛けとして使用する衣料品のこと」です。

「ショール」「厚手の生地で大判、三角に折って頭巾や肩掛けとして使用する衣料品のこと」です。

まとめ

今回は「ストール」「ショール」の違いをお伝えしました。

「ストールは首に巻く」「ショールは三角にして羽織る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典