スポンサーリンク

「スピンアウト」と「スピンオフ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スピンアウト」と「スピンオフ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スピンアウト」「スピンオフ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スピンアウト」とは?

「スピンアウト」には以下の3つの意味があります。

1つ目は「自動車がスピンして道路からはみ出してしまうこと」で、元の意味になります。

2つ目は上記から転じて「企業のある部門を独立させること」という意味で、親会社との資本関係を絶つ時に使われます。

3つ目は「作品の2次創作」という意味で、ある作品を、設定はそのままで、第三者が新たなストーリーを考えて創作することを言います。

「スピンオフ」とは?

「スピンオフ」には以下の3つの意味があります。

1つ目は「作品の続編」という意味で、「ドラマや小説、漫画などの作品で、人気のあるキャラを生かして派生させたもの」になります。

主人公以外で人気のキャラが活躍して、全く別の視点から作った作品に使われます。

2つ目は「企業のある部門を子会社化すること」という意味で、親会社との資本関係がある時に使われます。

3つ目は「ある技術を他分野に応用すること」という意味で、ある目的で開発された技術を、違う分野に応用する時に使われます。

「スピンオフ」は英語の“spin-off”「回転させて分離すること」が由来です。

「スピンアウト」と「スピンオフ」の違い!

「スピンアウト」「自動車がスピンして道路からはみ出すこと」「企業のある部門を独立させること」「作品の2次創作」です。

「スピンオフ」「作品の続編」「企業のある部門を子会社化すること」「ある技術を他分野に応用すること」です。

まとめ

今回は「スピンアウト」「スピンオフ」の違いをお伝えしました。

「スピンアウトは元から外れる」「スピンオフは元とつながっている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典