「スピーカー」と「アンプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スピーカー」と「アンプ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スピーカー」「アンプ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スピーカー」とは?

「スピーカー」の意味と概要について紹介します。

「スピーカー」の意味

「スピーカー」とは、「ある電気信号を音に変換して、耳に聞こえる様に出力する為の装置のこと」です。

「スピーカー」の概要

「スピーカー」は、テレビやAV機器、楽器やコンピュータなどに接続して、発生した電気信号を音に変換して出力する装置のことを言います。

それぞれの機材から発信された電気信号は、様々な周波を持っていてスピーカーを動かし、それが空気の振動となり、人の耳に聞こえる様になるのです。

人に聞こえる範囲の音ならばほぼ全て再生できますので、録音や記録された音を再生する為に使われます。

また、それぞれの動きの違うスピーカーを組み合わせて使うことで、より迫力あるサウンドが楽しめるのです。

「アンプ」とは?

「アンプ」の意味と概要について紹介します。

「アンプ」の意味

「アンプ」とはは、「電気信号の増幅器の一種で、電気楽器や電子楽器と組み併せて使う装置のこと」です。

「アンプ」の概要

「アンプ」とは、英語の“amplifier”が日本語化して省略された言葉で、電気信号の増幅器のことを言います。

主にエレキギターなどの電気楽器や電子楽器につないで使われることが多くなります。

電子楽器は単体では微弱な電気信号しか作れず、直接スピーカーにつないでも音が小さくて聞こえません。

そこで、電気信号を増幅させる装置が「アンプ」で、「スピーカー」と一体化しているものも多く、直接つなげばそのまま音が出る様になっているのです。

「スピーカー」と「アンプ」の違い!

「スピーカー」「ある電気信号を音に変換して、耳に聞こえる様に出力する為の装置のこと」です。

「アンプ」「電気信号の増幅器の一種で、電気楽器や電子楽器と組み併せて使う装置のこと」です。

まとめ

今回は「スピーカー」「アンプ」の違いをお伝えしました。

「スピーカーは音を出力する装置」「アンプは音を増幅する装置」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典