スポンサーリンク

「スペシャルサンクス」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スペシャルサンクス」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画やドラマで見かける「スペシャルサンクス」とはどんな意味なのでしょうか。

今回は、「スペシャルサンクス」の意味と類語を紹介します。

スポンサーリンク

「スペシャルサンクス」とは?意味

「スペシャルサンクス」とは、「格別の感謝」を意味する言葉です。

「スペシャルサンクス」の概要

「スペシャルサンクス」はドラマや映画、本やCDなどのクレジットで用いられる表現です。

クレジットには通常役職や肩書が記載されています。

ドラマや映画なら監督や照明などどのような役割で作品に関わったのか、あるいは演者としてなんの役を演じたのかがクレジットされます。

本やCDのクレジットでも同様にプロデューサーや監修などの肩書とともに氏名が掲載されます。

「スペシャルサンクス」「直接的に作品に参加はしていないが特別に感謝の意を伝えたい相手に対して用いられるクレジット」です。

ひとつの作品が完成するまでには多くの人が関わります。

役者や監督など直接的に関わる人はもちろんですがそれ以外にもさまざまな形で協力したり助けたりする人はたくさんいます。

「スペシャルサンクス」はそんな作品のために力を貸してくれた人々の中でも特に感謝の気持を伝えたい人に対して用いられるクレジットです。

文字通り「別格の感謝」を伝えるための言葉であり「スペシャルサンクス」というクレジットとともに作品に名前を残すことで通常の方法では表せないほど大きな感謝の気持を表現します。

「スペシャルサンクス」という言葉に具体的なルールや定義はありません。

感謝の気持を伝えたければ自由に使って構いませんがあまりたくさんの名前を「スペシャルサンクス」として記載してしまうと一人あたりに伝える感謝の気持が薄まってしまう恐れが有るので注意が必要です。

一般的には力を貸してくれた人に対しては「協力」というクレジットとともに氏名や社名などが記載されますが、「スペシャルサンクス」は協力してくれた人達の中でも別格の相手に対してのみ使われる表現です。

感謝の内容も様々で制限はありません。

場所や物品を提供してくれた相手や作品に関わる重要なヒントをくれた人、資金を援助してくれた団体など感謝の気持を伝えたいさまざまな対象に対して「スペシャルサンクス」という表現が使われます。

「スペシャルサンクス」の言葉の使い方や使われ方

・『恩師の名前をスペシャルサンクスでクレジットする』
・『スペシャルサンクスが長すぎる』
・『スペシャルサンクスに大物芸能人の名前が書かれている』
・『クラウドファンディングに参加するとスペシャルサンクスに名前を載せてもらえる』

「スペシャルサンクス」の類語や言いかえ

・特別出演
「本来なら出演しないような作品に特別に出演してくれた人に対して用いられるクレジット」です。

大物俳優がワンシーンだけ登場するような特別な出演をするときに用いられます。

・友情出演
「個人的な友情を理由に出演した人に対して用いられるクレジット」です。

友情に対する感謝の意味を込めて使われます。

まとめ

多くの人が関る作品ほど「スペシャルサンクス」がクレジットされる可能性は高くなります。

たくさんの名前が記載されていることも多いのですが乱発すると感謝の気持ちが安っぽくなってしまうので使うときは注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典