スポンサーリンク

「スラング」と「俗語」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スラング」と「俗語」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スラング」「俗語」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スラング」とは?

「スラング」とは、特定の社会、仲間内の間だけで通じる下品、低俗な言葉という意味になります。

よく使われる言葉で「ネットスラング」という言葉があります。

これは「ネット上で使われる俗語」といった意味合いですが、実際口に出せないような下品な言葉もあるわけです。

つまり「スラング」とは公の場では使わないという覚え方もできます。

「俗語」とは?

「俗語」とは、標準的な言葉に対して、くだけた言葉といった意味になります。

誰でも知っているのですが、改まった場では使いにくいといった言葉でもあります。

「俗語」を使うと、わかりやすくはあっても上品ではない、という風に見られることもあります。

「スラング」と「俗語」の違い!

「スラング」「俗語」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもくだけた言葉であり、同義語としても使えます。

「スラング」の方が「俗語」よりも、より下品、低俗な言葉といった印象は強まります。

「スラング」で使われる言葉の意味は、特定の社会、仲間内だけのものですから、そうでない人にとっては意味がわからないといったこともあります。

一方「俗語」とは標準的な口語ではない、改まった場では使いにくい、くだけた言葉という意味になります。

例えば「ドタキャン」は誰もが知っている「俗語」ですが、会社など改まった場では「急遽、キャンセル」「直前になって取りやめ」といったように言い換えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「スラング」「俗語」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも同義語ですが、意味を正しく理解してよりふさわしい方を選び使うようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典