スポンサーリンク

「スワッピング」と「ページング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スワッピング」と「ページング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スワッピング」「ページング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スワッピング」とは?

「スワッピング」とは、「仮想記憶システムで、物理メモリ(実記憶)とハードディスク(仮想記憶)のデータを交換(スワップ)すること」を意味しています。

「スワッピング」することによって、「メモリ領域を物理メモリ(実記憶)よりも大きな容量で使用すること」が可能になります。

「ページング」とは?

「ページング」とは、「ハードディスク(仮想記憶)にページ単位でプログラムを割り当てて、プログラムを実行する際に物理メモリ(実記憶)にページインして読み込むこと」を意味しています。

「ページング」は、「物理メモリにページを読み込むページイン」「ハードディスクにページを追い出すページアウト」によって実現されています。

「スワッピング」と「ページング」の違い!

「スワッピング」「ページング」の違いを、分かりやすく解説します。

「スワッピング」「ページング」はどちらも「物理メモリ(実記憶)とハードディスク(仮想記憶)による仮想記憶システムに関連したIT用語」ですが、「スワッピング」というのは「物理メモリのデータとハードディスクのデータを交換(スワップ)すること」を意味しています。

「スワッピング」に対して「ページング」のほうは、「ページ単位に分割したプログラムをハードディスク(仮想記憶)に割り当てて、プログラム実行の時に物理メモリ(実記憶)に読み込むページインをすること」を意味している違いがあります。

ただし、「ページング」「スワッピング」の一種として解釈されることがあります。

まとめ

「スワッピング」「ページング」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「スワッピング」とは「仮想記憶システムで、物理メモリのデータとハードディスクのデータを交換(スワップ)してメモリ領域を物理メモリよりも大きく使用すること」を意味していて、「ページング」「ハードディスク(仮想記憶)にページ単位でプログラムを割り当てて、プログラム実行の際に物理メモリ(実記憶)に読み込むこと」を意味している違いがあります。

「スワッピング」「ページング」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典