「スーパー銭湯」と「銭湯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スーパー銭湯」と「銭湯」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スーパー銭湯」「銭湯」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スーパー銭湯」とは?

「スーパー銭湯」の意味と使い方について紹介します。

「スーパー銭湯」の意味

「スーパー銭湯」「すーぱーせんとう」と読みます。

意味は、「条例により『その他公衆浴場』に区分され、娯楽要素が高い浴場のこと」です。

「スーパー銭湯」の使い方

「スーパー銭湯」は、条例により「その他の公衆浴場」に区分されていて、娯楽要素の高い設備がある浴場のことを言います。

例えば「露天風呂」「サウナ」「打たせ湯」などがあったり、食堂やマッサージ、ゲームセンターなどが併設されていたりと、子供がから大人まで楽しめるのです。

「スーパー銭湯」は、業者により入浴料を決められますが、銭湯に比べて料金が高めに設定されています。

一般的には水道水や井戸水を沸かして使用していますが、中には温泉を運び入れているところも増えています。

「銭湯」とは?

「銭湯」の意味と使い方について紹介します。

「銭湯」の意味

「銭湯」は、「せんとう」と読みます。

意味は「条例により『普通公衆浴場』に区分され、街中にあり気軽に行ける浴場のこと」です。

「銭湯」の使い方

「銭湯」は、条例により「普通公衆浴場」に区分されていて、湯銭とよばれる料金を支払って利用する公衆浴場のことを言います。

街中にあり、料金は400円から600円程度で、手頃な料金で入れます。

昭和30年代頃は、まだ一般家庭にお風呂のないことが多く、街中には銭湯が必ずと言って良いほどありました。

しかし最近では、自宅にお風呂があるのが当たり前になり、「銭湯」自体が贅沢となっています。

「スーパー銭湯」と「銭湯」の違い!

「スーパー銭湯」「条例により『その他公衆浴場』に区分され、娯楽要素が高い浴場のこと」です。

「銭湯」「条例により『普通公衆浴場』に区分され、街中にあり気軽に行ける浴場のこと」です。

まとめ

今回は「スーパー銭湯」「銭湯」の違いをお伝えしました。

「スーパー銭湯は広くて長居できる」「銭湯は地元密着型」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典