スポンサーリンク

「ズボラ飯」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ズボラ飯」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ズボラ飯」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ズボラ飯」とは?意味

「ズボラ飯」は、手抜き料理ではあるがおいしく頂くことを可能とした料理のことです。

「ズボラ飯」の定義は、手抜きであり、お手軽さを重視した料理であるが、おいしく頂くことができなければ、料理とみなさない料理になります。

「ズボラ飯」の概要

「ズボラ飯」という言葉が唐突に知られ始めたのは、実はテレビドラマの影響が強く、「ズボラ飯」という言葉自体、漫画が元ネタになっており漫画の原作者久住昌之の生み出した漫画がもとで知られるようになりました。

久住昌之は、孤独のグルメなどの原作者で知られる人物で食べ物に関する漫画の原作を手掛けた人物です。

「ズボラ飯は、漫画原作者の久住昌之が考え出した、手抜きであるがおいしく頂くことを重点とした料理を指すようになったのです。

「ズボラ飯」の言葉の使い方や使われ方

「ズボラ飯」は手抜き料理に使用する言葉ですが、必ずおいしそうと第3者が判断できないと成立せず、かつおいしいという事実が伴わないと成立しない言葉です。

ただ、この言葉自体、客観的な判断がものをいう言葉であるためあくまでそう見えることを重視し、おいしそうであるが手抜きである料理に使用するのが正しい言葉の使い方です。

「ズボラ飯」を使った例文

・『ズボラ飯と言えど味は一品』
この例は手抜き料理だが、味は一流でおいしく頂けることを指した例です。

「ズボラ飯」の定義が手抜き料理であるが、おいしい料理であると漫画から定義づけされているため、おいしくないと単なる手抜き料理になります。

・『ズボラ飯の作り方はインターネットで簡単に入手可能だ』
この例は、手抜き料理の作り方は今ではインターネットを使用すれば簡単に手に入ることを述べています。

「ズボラ飯」という言葉自体がテレビドラマなどで有名になったことでインターネット検索で「ズボラ飯」と入力することで簡単にレシピが入るという意味です。

・『忙しい人ほどズボラ飯に頼らざるを得ない』
この例は、忙しい人物は、手抜きの時短料理に頼るよりほかはないという例になります。

手抜きでもおいしい物を食べたいという表れが、「ズボラ飯」という言葉に現れた文章です。

まとめ

「ズボラ飯」は今でこそ、手抜きであるがおいしく頂ける料理であるという定義へと変化しましたが、当時の「ズボラ飯」と言えるものはとてもおいしく食べることができるものを指さない物でした。

しかし、久住昌之が生み出した漫画によって「ズボラ」という部分が見直され、あたかも料理の一部であるとすることで現在では立派な料理方法の一つとして定着しました。

日本では、漫画が実世界の文化に影響を及ぼすことは多く、美味しんぼなどの漫画もグルメブームを巻き起こしましたが、「ズボラ飯」は身近なところで見られる料理であるということもあり、「ズボラ飯」という言葉の普及率も高かったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典