スポンサーリンク

「セオリー」と「ルール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セオリー」と「ルール」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

物事には決まった法則やルール、手段などがありこれは「セオリー」「ルール」という言葉で表します。

この2つの言葉は研究やトレーニング、ビジネスシーンなど幅広い分野で使う言葉なので、しっかりと意味を覚えておきましょう。

この記事では、「セオリー」「ルール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セオリー」とは?

「セオリー」とは英語で“theory”と書かれるものであり、意味は因果、法則、規則性、学説などがあります。

「セオリー」はそれまでの経験や学習、観察、研究によって得られた客観的なデータから導き出された理論や法則を示すものであり、これは非常に合理的な結論であるのが特徴です。

「セオリー」は学問の分野を研究する際に使われる言葉として有名ですが、それ以外の日常生活でも使えます。

日常生活で使う「セオリー」は特定の理論や定石を表す意味が多く、最適解、最善の手段、定番の方法という意味で使われます。

ゲームの対戦の「セオリー」、スポーツトレーニングの「セオリー」、商談の際に使われるビジネス「セオリー」などは、どれも体系的に求められた理論や方法を示すものであり、これを知っておくと有効に立ち回ることが可能です。

「ルール」とは?

「ルール」は英語で“rule”と書かれるものであり、意味は規則、規範、規定、決まり事を表す言葉です。

このルールは過去の経験や情報によって合理的に定められるものもありますが、慣習的に定められた主観的なものも存在します。

「ルール」は色々な場面で使われる言葉ですが、社会全体でルールを定めた物としては法律や憲法があります。

法律は過去の判例や様々な事件から合理的に定められたものであり、これを破ると法律違反となり国から罰せられます。

人間の営みには色々な「ルール」がありこれを破ると様々なペナルティが発生することが多いのが特徴です。

しかし自然界にも「ルール」は色々と存在しており、人間の手には負えない超自然的なルールが存在すると見なす人もいます。

「セオリー」と「ルール」の違い

「セオリー」は過去の経験や研究から因果的に求めれた理論や法則を表す言葉であり、これを用いることで色々な行動や学習が捗ります。

「ルール」は集団で取り決められた規則や法則であり色々な場面で使えます。

「セオリー」は時に破ることで新しい研究や学習のきっかけになりますが、「ルール」を破ると社会では相応のペナルティが生じることがあります。

「セオリー」の例文

・『セオリーに用いて飛車を動かす』
・『数学のセオリーは一見難しそうだが、きちんとほどいていくと簡単になります』

「ルール」の例文

・『ゲームのルールがやっと分かってきたので、敵がサクサク倒せるようになった』
・『ルール違反を見逃してほしいと言われたが、職務なのでしっかりと処分した』

まとめ

「セオリー」「ルール」はどちらも法則という意味があります。

「セオリー」は行動や学習における定石という意味がありますが、「ルール」は集団内で守るべき規則という意味があり、使い分けることが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典