スポンサーリンク

「セラピードッグ」と「ファシリティドッグ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セラピードッグ」と「ファシリティドッグ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、セラピードッグとファシリティドッグの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

セラビードッグとは?

セラピードッグとは、高齢者や認知症など障害を持つ人に対して動物を使って治療する方法を意味しています。

アニマルセラピーともいうこの治療法は、犬を老人ホームや病院などへ連れて行き、介在させることで落ち込んだ人の心に明るい光を与えます。

このプログラムを実施することで自閉症やうつ病の人も心を開き、自分から話すようになったり、行動的になるなどの変化が見られます。

リハビリテーションを受けることで身体の運動機能を回復する効果も期待できますし、精神的に情緒不安定を解消します。

犬への訓練はハンドラーが2年間の期間に理学療法士や作業療法士などを考えたプログラムを実施。

治療対象者がどのような病気を発症しているか調べた上でどの患者に合わせればよりセラピーの効果が期待できるか調べたうえで引き合わせます。

ファシリティドッグとは?

ファシリティドッグとは、病院や施設に受駐し、コンパニオンとしての役割する犬のことを指します。

この受駐する犬はアニマルセラピーを受けており、病気を抱える人への精神面を支えるのが仕事です。

犬はセラピードッグよりも専門的で高度な訓練を受け、優れた能力を持つ犬のみがなり、治療計画に介入した役割を担います。

犬が病気を抱えた人に寄り添うことで麻酔薬を打つ量を減らせる効果が高まり、高齢者の身体にかかる負担が減らせます。

そのため、ハンドラーになる人は専門的な資格が必要となるなど、厳しい基準をクリアした者だけが犬へのトレーニングができるのです。

セラピードッグとファシリティドッグの違い

セラピードッグとファシリティドッグの違いを、分かりやすく説明します。

いろいろな高齢者施設や病院をまわってアニマルセラピーするセラピードッグに対して、一つの勤務地に限定して勤務するのがファンシリティドッグという違いがあります。

また、セラピードッグになる犬は飼い主から遺棄されたものや虐待を受けた犬ですが、ファシリティドッグになるのは年をとったものや怪我した犬がなります。

セラピードッグの例文

・セラピードッグを受ける治療対象者は犬好きな人限定になる。

・記憶力の改善や自力でのトイレ利用の効果が期待できるのがセラピードッグの良さだ。

このセラピードッグになる犬は保健所に捨てられた遺棄や虐待などで傷ついた動物で、人間に癒しを与えて、社会的機能を高めるための仕事をさせるのが目的です。

年々衰えてゆく高齢者の記憶力の改善効果が期待できるセラピードッグは、車椅子の人が自分でトイレに移動して用を足すという成果があるほど、やる気を与えます。

ファシリティドッグの例文

・ファシリティドッグのハンドラーになる資格を取得できるのは、医療従事者で臨床試験が5年以上の者だけである。

・ファシリティドッグは病気を抱える子供に寄り添うのが仕事だ。

ハンドラーになるにはセラピードッグよりも厳しい条件が課せられるのがファシリティドッグの特徴です。

また、病気の子供に添い寝してあげたり、安心して手術室へ行けるように付き添うのも大事な仕事になります。

まとめ

犬もそれほど高度な学習が必要ないセラピードッグに対して、高度な内容のトレーニングするファシリティドッグは犬を病院に勤務させるためには一頭あたり年間で約1200万円かかります。

それだけ多額のお金をかけて導入する病院では、患者が明るく、前向きに病と向き合う効果が出てきているため、今後はますます犬を導入したセラピーを導入する施設が増えていくことでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典