スポンサーリンク

「タイムリミットが迫る」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タイムリミットが迫る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、タイムリミットが迫るの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

タイムリミットが迫るとは?意味

タイムリミットが迫るとは、決められた期限が近くなるという意味があります。

時間ぎりぎりの一歩手前の状態でもあり、早くしないと頼まれていたものが提出できない、制限時間までに辿り着かないなど緊迫した状態である状況を表す言葉です。

あと少しで人生を終えるときにはその残された時間の中でなにをやるか考えて行動し、悔いのないようにするなど、自分の人生でなにをやるべきか考えるときに使う言葉でもあります。

タイムリミットが迫るの概要

差し迫る時間ぎりぎりの一歩手前である状況をタイムリミットが迫ると言いますが、もう時間がない状況でもあるので、早くしないと自分にとって困ることになるその危機を言い表すときに使います。

また、車の免許の更新日がすぐそこまできているとき、もしもその期日まで手続きをしなければ自動車運転免許証が失効してしまうとか、レンタルしていたDVDを返す期日が明日なのに今の状況では返せないというとき、どのようにすれば危機を乗り越えられるかと考えるときなど、まずい状況になりそうなその状況を表すときに使う言葉です。

タイムリミットが迫るの言葉の使い方や使われ方

期間や期限が近づいており、緊張が走るその状況を表すときに使われているタイムリミットが迫るは、もう少しで時間切れとなってしまうから困るというその今を言い表すときに使います。

もうすぐ会議が始まる時間だが、まだ手元に書類がきていないから困っている状況であったり、面接を受けるかどうしようか迷っているその状況に困っている様子を言い表せる言葉です。

時間に間に合うか分からない状況に落ち着かない様子が分かりますし、どのようにしたらその切羽詰った危機感を解消できるかを考えて人にその状況を伝えられます。

また、今すぐにその決められた期日や時間がくるというよりも、刻一刻と迫ってくる期限にまだ余裕がある状態を表すことができるため、その時間を利用して解決策を考えるわけです。

職場で使うときは「書類を提出するまでの締め切り日が迫る」と緊迫したその状況を「提出期限のタイムリミットが迫っている」と言い、早く作成するよう促し、急がせます。

タイムリミットが迫るを使った例文

・タイムリミットが迫るぞ。早く書類を持って来い。

・多くの人が先送りできない問題のタイムリミットが迫っている。

・試験が始まる時間まであと30分というタイムリミットが迫る中、受験生はバスが来ないことに苛立ちを覚える。

提出しなければならない書類だというのに、いまだに届いていない緊迫した状況に腹を立てた上司が、部下へ強い口調で言いつけます。

もしも書類が届かなければ大事な会議を始められないと伝えるときにも使えます。

また、環境問題や高齢化社会など多くの人が行き当たる問題はすぐそこまできているという緊迫感を分かりやすく伝えて、人々の気持ちを変えさせられるのです。

そして、時間までにできなければ人生が変わってしまいそうな緊張した人の気持ちを表すときにも使える言葉です。

まとめ

人が直面する緊迫した状況を分かりやすく伝えられるタイムリミットが迫るは、自分のおかれた状況がいかに大変であるかを表せる言葉です。

もう時間もないし、期日に遅れてしまうという状態のときに使えば、相手にもその緊迫した様子がしっかり伝わりますので、どのようにしたらいいかアドバイスしてもらい、解決する方法を考えてもらうといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典