「タオルケット」と「毛布」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「タオルケット」と「毛布」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タオルケット」「毛布」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「タオルケット」とは?

「タオルケット」の意味と概要について紹介します。

「タオルケット」の意味

「タオルケット」は、「夏の暑い時期に、寝具として身体にかけて使うもの、タオル地でできている」という意味です。

「タオルケット」の概要

「タオルケット」は、夏の暑い時期に就寝する際、身体にかけて使うもので、厚手のタオル地でできている寝具です。

タオルの“towel”と、「毛布」“blanket”を組み褪せた作った和製英語で、海外では通じません。

「タオルケット」の特徴は、布団と違って通気性が良く、吸湿性もあるので、体温を下げずに快適な寝心地があるという点です。

タオルの様に繊維が経っているので、暑い夜でも肌にべたつかず、さらりとしています。

大判でも軽く、手軽に選択できることから、子供の寝具としても使われています。

「毛布」とは?

「毛布」の意味と概要について紹介します。

「毛布」の意味

「毛布」「もうふ」と読みます。

意味は「秋から冬にかけて、寝具として布団に加えて使うもの、素材はウールや化学繊維」です。

「毛布」の概要

「毛布」は、秋から冬にかけて寒い時期に、布団に加えて身体にかけて使う寝具のことを言います。

「毛布」という言葉の通り、昔は羊毛から出来ていましたが、最近では化学繊維のものが増えています。

英語では「ブランケット」と言い、明治時代に防寒具として日本に伝わりました。

冬場に、他の布団と合わせて使うことで保温効果を高められます。

好みに応じて複数枚使用したり、賭けたり敷いたりして使えます。

厚手の起毛で、他の布団の保温効果を高める役割があります。

「タオルケット」と「毛布」の違い!

「タオルケット」「タオル地でできた、夏に使う寝具」です。

「毛布」「羊毛、または化学繊維でできた、冬に使う寝具」です。

まとめ

今回は「タオルケット」「毛布」の違いをお伝えしました。

「タオルケットは夏用」「毛布は冬用」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典