「タコス」と「トルティーヤ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タコス」と「トルティーヤ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タコス」「トルティーヤ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タコス」とは?

「タコス」の意味と概要について紹介します。

「タコス」の意味

「タコス」とは、「メキシコ料理で、トルティーヤに肉や野菜などの具材を乗せて、挟んだり巻いたりして食べる料理名」のことです。

「タコス」の概要

「タコス」は、メキシコ料理の中でも「メキシコ風アメリカ料理」と呼ばれていて、アメリカで盛んに食べられています。

下で紹介する「トルティーヤ」という生地に肉や野菜などの具材を乗せて、二つ折りにしたり、巻いたりして食べる料理の名称のことを言います。

「タコス」に使われる具材は「牛肉、豚肉、鶏肉」などのひき肉やエビに加え、レタス、トマト、玉ねぎなどの 野菜に、アボカドという果物が加わるのが特徴です。

チーズやサルサ、チリコンカンなども使われます。

「タコス」に使われる「トルティーヤ」は、柔らかいものもありますが、油で揚げたU字型の硬いものが多くなります。

「トルティーヤ」とは?

「トルティーヤ」の意味と概要について紹介します。

「トルティーヤ」の意味

「トルティーヤ」「メキシコ料理で、トウモロコシ粉に水と塩を加えて、薄く円形に伸ばし焼いた食べ物」のことです。

「トルティーヤ」の概要

「トルティーヤ」は、メキシコでは主食になる食べ物で、基本的にはトウモロコシ粉に水と塩を加えて、薄く丸く焼いた食べ物のことを言います。

中には小麦粉を混ぜて作るものもあり、トウモロコシ粉で作ったものを「コーントルティーヤ」、小麦粉で作ったものを「フラワートルティーヤ」と呼んでいます。

主食ですので様々なものと組み合わせて食べられ、中でも「タコス」はひき肉を使った料理名になります。

「タコス」と「トルティーヤ」の違い!

「タコス」「トルティーヤに肉や野菜などの具材を乗せて、挟んだり巻いたりして食べる料理名」です。

「トルティーヤ」「トウモロコシ粉に水と塩を加えて、薄く円形に伸ばし焼いた食べ物」です。

まとめ

今回は「タコス」「トルティーヤ」の違いをお伝えしました。

「タコスはトルティーヤを使った料理名」「トルティーヤはメキシコの主食」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典