「タコマ」と「タンドラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「タコマ」と「 タンドラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「タコマ」「タンドラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「タコマ」とは?

「タコマ」とは、「トヨタ自動車が1995年から北米で販売を始めたピックアップトラックの車種・ブランド名」のことを意味しています。

「タコマ」は元々はハイラックスの北米仕様車でしたが、「タコマ」「タンドラの弟分」としての位置づけになります。

「タコマ」のサイズは、全長「5392mm」、全幅「1910mm」、全高「1792mm」になります。

「タコマ」のエンジンには「2. 7L/V4・3. 5L/V6」がラインナップされていますが、ガソリン車のみでディーゼル車の車種は用意されていません。

「タンドラ」とは?

「タンドラ」とは、「北米トヨタがT100の後継として1999年から販売している、トヨタ自動車の中では最大のフルサイズピックアップトラックの車種・ブランド名」のことです。

「タンドラ」は、フルサイズSUVであるトヨタの「セコイア」と製造プラットフォームを共有しています。

「タンドラ」のサイズは全長「5329mm・5809mm・6266mm」、全幅「2029mm」、全高「1920~1941mm」になります。

「タンドラ」のエンジンには「4. 0L/V6・4. 6L/V8・5. 7L/V8」がラインナップされていて、北米販売のトヨタ車では「タコマ・シエナ・4ランナー・FJクルーザー」と並んで人気の車種です。

「タコマ」と「タンドラ」の違い!

「タコマ」「タンドラ」の違いを、分かりやすく解説します。

「タコマ」「タンドラ」「トヨタ自動車が北米で販売している人気のピックアップトラックの車種」を意味していますが、「タコマ」よりもフルサイズピックアップトラックに分類される「タンドラ」のほうが車のサイズが大きくて価格も高めになっている違いがあります。

「タコマ」の全長は「5392mm」、全幅は「1910mm」ですが、「タンドラ」の全長は「最大の車種で6266mm」、全幅は「2029mm」である違いがあるのです。

「タコマ」のエンジンは「2. 7L/V4・3. 5L/V6」ですが、「タンドラ」のほうは「4. 0L/V6・4. 6L/V8・5. 7L/V8」でエンジン性能も高くなっています。

まとめ

「タコマ」「タンドラ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「タコマ」とは「トヨタ自動車が1995年から北米で販売している2. 7リッターV4と3. 5リッターV6があるピックアップトラックの車種」を意味していて、「タンドラ」「北米トヨタが販売しているトヨタ自動車の中で最大のフルサイズピックアップトラックの車種」を意味している違いがあります。

「タコマ」「タンドラ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典