スポンサーリンク

「ターミナル駅」と「普通の駅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ターミナル駅」と「普通の駅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段電車を利用するとき、「ターミナル駅」「普通の駅」を意識していますか。

この記事では、「ターミナル駅」「普通の駅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ターミナル駅」とは?

「ターミナル駅」は、複数の路線が乗り入れ、列車やバスの起点・終点となる駅を意味します。

ターミナルには、鉄道やバスなどの終着駅、また交通路線が集中し、発着する場所という意味があります。

「ターミナル駅」周辺には、デパート、ホテル、文化施設、ビジネス街区などが集まっていることが珍しくありません。

代表的な駅には、東京駅、新宿駅、渋谷駅、名古屋駅、横浜駅、梅田駅などがあります。

「普通の駅」とは?

「普通の駅」は、ごくありふれた駅を意味します。

「ターミナル駅」に対して使われる言葉です。

普通には、ごくありふれたこと、特に変わっていないことという意味があります。

普通の定義ははっきりとしていませんが、特別目立つことがなく、どこにでもあるような駅のことが「普通の駅」です。

「ターミナル駅」と「普通の駅」の違い

「ターミナル駅」は、複数の路線の乗り入れがあり、列車やバスの起点・終点となる駅のことです。

「普通の駅」は、「ターミナル駅」に比べて路線の乗り入れ数が少なくなっています。

まとめ

「ターミナル駅」は主要な駅、それ以外の駅は「普通の駅」といえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典