「ダディ」と「パパ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダディ」と「パパ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダディ」「パパ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダディ」とは?

「ダディ」とは「お父さん・父親」のことを意味している英語であり、「daddy」と表記されます。

「ダディ」は英語では「小さな子供(あるいは父親に甘えた女性)がお父さんを呼ぶ時」に使うことが多い口語的な言葉になります。

「ダディ」は日本ではあまり使われない言葉であり、英語では成長するに従って「ダッド(dad)」の呼び方に変わってきます。

「パパ」とは?

「パパ」とは「お父さん・父親」のことを意味しているフランス語であり、「papa」と表記されます。

「パパ」は日本で使われる時には、「小さな子供(あるいは父親に甘えたところのある人)がお父さんを呼ぶ時」に使うことが多い口語的な言葉です。

小さな頃は男女問わず「パパ」と呼んでいる人は多いのですが、成長するに従って「お父さん・父親(父)」という呼び方に変わってくるのです。

「ダディ」と「パパ」の違い!

「ダディ」「パパ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ダディ」「パパ」「お父さん」という同じ意味を持っている言葉ですが、「ダディ」はお父さんを意味する英語の「daddy」に由来していて、「パパ」はお父さんを意味するフランス語の「papa」に由来している違いがあります。

元々の外国語では「パパ」は大人になっても使えますが、「ダディ」は主に小さな子供や甘えた女性などが使う言葉であり、大人になると「ダディ(daddy)」ではなく「ダッド(dad)」を使うようになる違いも指摘できます。

また日本語の用法では「パパ」も小さな子供や甘えた女性がお父さんを呼ぶ時に使うことが多く、成長するに従って「お父さん」という呼び方に変わっていきます。

まとめ

「ダディ」「パパ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ダディ」とは「英語でお父さんを意味する言葉」を意味していて、「パパ」「フランス語でお父さんを意味する言葉」を意味している違いがあります。

「ダディ」「パパ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典