スポンサーリンク

「ダフリ」と「噛む」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダフリ」と「噛む」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ダフリ」「噛む」は、ゴルファーの間で使われる言葉です。

この記事では、「ダフリ」「噛む」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダフリ」とは?

「ダフリ」は、ボールを打つときにクラブヘッドがボールの手間に入ってしまうことを意味します。

ボールの手間をクラブで叩いてしまうような感じになります。

そのため「ダフリ」は飛距離が出ません。

体が沈んでいる、右肩が下がっているなどが、「ダフリ」の原因です。

「ダフリ」をすると手首の怪我の原因にもなります。

また、大切な場面で「ダフリ」をしてしまうと、精神的な怪我にもつながります。

「噛む」とは?

「噛む」は、ボールを打つときにボールの少し手前を打ってしまうことを意味します。

軽度の「ダフリ」ともいえます。

フェアウェイの外側には、長い芝生の生えるエリアがあります。

このエリアをラフといいます。

ラフからのショットの際に、クラブヘッドとボールの間に芝生が入ってしまうので「噛む」といわれます。

ボールを打つことはできますが、飛距離は出ません。

「ダフリ」と「噛む」の違い

「ダフリ」は、クラブヘッドでボールの手間を打ってしまうことで、直接ボールを打つことができません。

「噛む」「ダフリ」と同様にクラブヘッドでボールの手前を打ってしまうことですが、「噛む」の場合はボールとクラブの間に芝が挟まります。

飛距離は出ませんがボールを打つことができます。

まとめ

「ダフリ」「噛む」は似たような状態ですが、「噛む」はボールを打てる点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典