スポンサーリンク

「ダブルブッキング」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダブルブッキング」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ダブルブッキング」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ダブルブッキング」とは?意味

ホテルや旅館などで、同じ予約を2つ受けることです。

また、一般に約束などを重ねてしてしまうことです。

「ダブル」には二重、ダブルベッドの略、ダブルブレストの略、ダブル幅の略、ボーリングで2回続けてストライクを出すことなどの意味がありますが、「ダブルブッキング」「ダブル」は二重の意味になります。

二重とは、同じことやものが2つ重なることです。

たとえば、結婚と妊娠がかさなったとします。

結婚も妊娠も一般的にはおめでたいこととされています。

これを「おめでたいことが二重になる」と表現できます。

老眼が進んできたり、目が疲れてきたりすると、物が2つあるように見えることがあります。

これを「物が二重に見える」といいます。

「ブッキング」には、帳簿をつける、乗り物の座席やホテルの部屋などの予約、出演の契約の意味があります。

「ダブルブッキング」「ブッキング」は、乗り物の座席やホテルの部屋などの予約という意味です。

「ダブルブッキング」の概要

乗り物の指定席やホテルなどの部屋を利用するためには、予約が必要です。

航空や鉄道業界、ホテルや旅館などで予約を受けつけています。

乗り物の座席には限りがあります。

そのため、座席数を上回って予約を受けつけてしまうと、座席を利用できない人が出てしまうことになります。

ホテルなどの部屋も同様で、用意できる数には限りがあり、それを上回って予約を受けつけると、部屋を利用できない人が出てしまいます。

しかし、用意できる数を超えて予約がとられることがあります。

これを「ダブルブッキング」といいます。

用意できる数を超えて予約を受けつけるのは、実際に予約者やってこないことを予想してです。

鉄道の場合、発車時刻が決まっています。

乗客は何らかの理由で発車時刻に間に合わないことが想定されます。

もしも発車時刻に間に合わなければ、予約されていた座席は空席になります。

他に利用できる人がいたのに、利用されずになってしまうのです。

満車に近い状態で運行をした方が、企業側は利益を得ることができるため、予約を多く受けつけることがあります。

また、「ダブルブッキング」は、一般に約束を重ねてしまうという意味にもなります。

たとえば、デートの約束をした日に、友達と遊びに行く約束も入れていたなどです。

「ダブルブッキング」の言葉の使い方や使われ方

航空や鉄道などの座席の予約、ホテルや旅館などの部屋の予約に関して使われる言葉です。

一般的な約束にも使われています。

「ダブルブッキング」の類語や言いかえ

「過剰予約」が似た意味を持つ言葉です。

用意できる分よりも多く予約をしてしまうことです。

まとめ

乗り物の座席数やホテルなどの部屋数には限りがあります。

しかし、予約者がやってこないことを想定して、予約を多く受けつけることがあります。

そのことを意味している言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典