「チェキ廃」とは?!意味を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この「チェキ廃」は、地下アイドルやアマチュアバンドのファンにはお馴染みの言葉となってきています。

「チェキ廃」とは?

「チェキ廃」は、地下アイドルやアマチュアバンドなどがライブの際に物販として販売する「チェキ写真」を大量に購入する人、またはそのような行為に対して使われます。

このように呼ばれる人は、大体の相場で1枚1000円程度のそれを何十枚も購入する(したことがある)のが当たり前だと言えるでしょう。

「チェキ廃」の詳細

地下アイドルが対象の場合、好きなメンバーと2ショットでそれが撮れることが多く、そういったチェキ写真を大量に集めているという意味で使われます。

一方のアマチュアバンドが対象だと、予め撮影された写真の中から「お目当て」を当てるのが目的で、一度に大量に購入することという意味になります。

これは、いわゆるトレーディング方式で、メンバーの誰のそれが当たるか分からないといった販売方法になっているからに他ならず、お目当てのメンバーのものが出るまで何枚も購入したり、「大当たり」と銘打たれた特典の付いているものが出るまで購入するようなことも少なくありません。

その特典とは、何分間かお気に入りのメンバーと会話ができるなどというもので、人気のバンドになると、その為に何十枚も購入する熱狂的なファンが後を絶たないと言われています。