スポンサーリンク

「チゲ」と「ユッケジャン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チゲ」と「ユッケジャン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チゲ」「ユッケジャン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チゲ」とは?

魚介類、肉、野菜、豆腐、キムチなどをコチュジャンやテンジャンで味付けして煮た鍋料理です。

朝鮮半島の料理の一種になります。

この料理に使用する具材はさまざまで、魚介類ならアサリやエビ、肉なら豚肉・牛肉・鶏肉、野菜なら白菜・ネギ・ニラなどが使用されます。

特に決まった具材はありません。

使用する具材によって呼び名を変えることがあり、キムチがメインなら「キムチチゲ」、豆腐がメインなら「トゥブチゲ」、テンジャンで味つけをしたものなら「テンジャンチゲ」となります。

テンジャンとは朝鮮で作られる味噌のことです。

ゆでた大豆をつぶして固め、発酵をさせて作られます。

味つけにはコチュジャンが使用されることもあります。

コチュジャンは、もち米、米こうじ、唐辛子などを発酵させたものです。

「チゲ」は辛いイメージが持たれていますが、辛くないものもあります。

「チゲ」の使い方

魚介類、肉、野菜、キムチなどをだしと共に煮て、テンジャンやコチュジャンなど味つけをした、朝鮮料理の一種を指して使用する言葉です。

「ユッケジャン」とは?

牛肉とわらびや野菜などを一緒に煮た辛みのある食べものです。

朝鮮半島の料理の一つになります。

この料理には、牛肉が必ず使用されます。

わらびも使用されるのですが、日本で作る場合は手に入りにくいので、使用しないことがあります。

その他の具材には、ネギ、ピーマン、白菜キムチ、もやしなどが使用されます。

味は辛いです。

キムチや粉唐辛子による辛さがあります。

唐辛子が入っているため、スープは赤い色をしています。

また、牛肉を入れて煮込むため、肉のうまみを感じられます。

作るときにはぐつぐつと煮ることがポイントです。

この料理はご飯と一緒に食べることがあります。

スープとご飯を別に食べても、ご飯をスープに入れて食べてもよいです。

「ユッケジャン」の使い方

朝鮮半島の料理の一種である、牛肉、わらび、野菜などを煮た辛い食べものを指して使用します。

「チゲ」と「ユッケジャン」の違い

煮込んでいる点と朝鮮半島の料理である点が同じですが、同じ食べものではありません。

「チゲ」はさまざまな具材が使用され、味つけはコチュジャンやテンジャンです。

辛いものも、辛くないものもあります。

「ユッケジャン」は牛肉とわらびを使用し、辛い味つけをします。

「チゲ」の例文

・『チゲを食べたい』
・『飲食店でチゲを注文する』
・『自宅でチゲを作る』
・『たまにはチゲでも食べようかな』

「ユッケジャン」の例文

・『ユッケジャンがおいしい』
・『はじめてユッケジャン作りに挑戦する』
・『この店のユッケジャンが好きだ』
・『暑いときにユッケジャンを食べる』

まとめ

具材を煮込んでいる朝鮮半島の料理の一種である点は同じですが、同じ食べものではありません。

使用している具材と味つけが違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典