スポンサーリンク

「チャージ料」と「サービス料」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャージ料」と「サービス料」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チャージ料」「サービス料」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チャージ料」とは?

「チャージ料」とは、「バー・クラブ・居酒屋・料理屋(割烹)などにおいて、お店に入店して席に着いたりお通しを出されただけで徴収される料金」を意味しています。

「チャージ料」というのは、「主にお酒が提供される飲食店において、自分が注文した飲食物の料金とは別に徴収される料金」のことです。

「チャージ料」を請求する名目として、「席代(場所代)・お通しの代金・サービス代(別途サービス料として請求するお店もある)」などがありますが、基本的に「チャージ料」「定額(数百円~1000円前後)」のお店が多くなっています。

「チャージ料」の使い方

「チャージ料」という言葉は、「バー・クラブ・居酒屋・料理屋(割烹)・レストランなどのお酒を提供するお店において、自分が注文した飲食物の代金とは別に請求される料金」を意味して使う使い方になります。

「チャージ料」は安価な居酒屋であれば500~1000円程度、高級バーや高級レストランであれば1000~3000円前後が多くなっていますが、「席代・場所代・お通し代(つきだし代)・サービス代などの理由で請求される料金」を指して使われています。

「サービス料」とは?

「サービス料」とは、「バー・クラブ・居酒屋・料理屋(割烹)などにおいて、お店に入店して席に着いてオーダー・配膳・料理の説明などを受けただけで徴収されるサービス料金」を意味しています。

「サービス料」というのは「主にお酒が提供される飲食店で、自分が注文した飲食物の料金とは別に徴収される料金」で、「サービス料」の金額は「飲食料金の10~20%程度」が多くなっています。

「サービス料」「チャージ料」に含まれていることもありますが、お店側が店員のサービス代金として別途徴収しているものなのです。

「サービス料」の使い方

「サービス料」は、「バー・クラブ・居酒屋・料理屋(割烹)・レストランなどのお酒を置いているお店で、自分が注文した飲食物の代金とは別に請求される店員のサービス料金(飲食代金の約10~20%の設定が多い)」を意味して使う使い方になります。

「サービス料」という言葉は、「ホテルのレストランで20,000円の飲食をしたら、サービス料として10%の2000円も徴収されました」のような例文で使うことができます。

「チャージ料」と「サービス料」の違い!

「チャージ料」「サービス料」の違いを、分かりやすく解説します。

「チャージ料」「サービス料」はどちらも「バー・ラウンジ・居酒屋・割烹などのお店で、自分が注文した飲食代とは別に請求される料金」ですが、「チャージ料」は主に「席代・場所代・お通し代の名目」で請求され、「サービス料」「店員の注文・配膳・提供・説明などのサービス代の名目」で請求される違いがあります。

また「チャージ料」「数百円から数千円の定額」が多いのですが、「サービス料」「オーダーした飲食代の約10~20%の金額」が多い違いも指摘できます。

まとめ

「チャージ料」「サービス料」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「チャージ料」「席代・お通し代・定額」のニュアンスが強く、「サービス料」「従業員のサービス代・飲食料金の10%前後」のニュアンスが強い違いが挙げられます。

「チャージ料」「サービス料」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典