スポンサーリンク

「チュートリアル」と「マニュアル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チュートリアル」と「マニュアル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チュートリアル」「マニュアル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チュートリアル」とは?

『チュートリアル」は、英単語「tutorial」からきた言葉で、意味は個別で指導するという意味になり、日本においては分かりやすく丁寧な解説動画などを指します。

その為、日本では、ゲームなどの動作説明を行う画面などで、「チュートリアル」と称して分かりやすい個別の動作解説としています。

「マニュアル」とは?

「マニュアル」は、紙面や電子媒体で解説をすることで日本で言う説明書のことです。

説明書であるため、文字を見て内容を理解する必要性があるのが「マニュアル」で文字しかないケースも「マニュアル」であるため、文字しかない場合でも説明書を読む物は、文面から内容を理解して物の扱い方を理解する必要性があります。

「チュートリアル」と「マニュアル」の違い

「チュートリアル」「マニュアル」の違いは、解説法にあり、動画を用いたりすることで懇切丁寧に物の扱い方などを解説するのが「チュートリアル」で、あえて物の扱いに関して文章などでしか扱い方を解説しないものが「マニュアル」です。

つまり、「チュートリアル」が、動画などを用いて実演してみせる解説であるに対し、「マニュアル」は紙面や電子書面でしか解説を行いません。

「チュートリアル」の例文

・『ゲームのチュートリアル』
この言葉は、実演形式でゲームの遊び方を解説したものです。

「チュートリアル」は、分かりやすさが重要で、ゲームにおいては、ゲーム内で実演で遊び方を学ぶことを「チュートリアル」と呼びます。

「マニュアル」の例文

・『自動車の整備マニュアルを読む』
この例は、自動車整備で使用する解説書を読むという例です。

なお、自動車の整備の解説書は、一般人の閲覧は不可能で個人がこれを購入することもできません。

また、インターネット上で整備に関するマニュアルをダウンロードすることも禁止されており、違法に当たります。

一般人の方が手にしてよい自動車のマニュアルは自動車の説明書のみで、自動車の整備を行う解説書は、自動車工場に勤務している人物しか閲覧は許されません。

まとめ

「チュートリアル」「マニュアル」の違いは、懇切丁寧に物の扱いを教えているか、文面のみで説明しているかです。

その上で、「チュートリアル」は、日本では、体験型の操作学習のような物を指し、「マニュアル」は、説明書を見て学習するという手法になります。

なお、「チュートリアル」は、誰もが閲覧をすることを許しますが、「マニュアル」は一部有資格者であることを条件に閲覧を許可する物があり、自動車の整備マニュアルがまさに、有資格者でかつ自動車整備のお仕事に携わることを条件に閲覧を許可している物があります。

しかしながら、歴史的な文献である物や貴重な資料となる物は、「マニュアル」が資料や文献であるとした場合、閲覧は自由に行え、それが例え戦車の操作やメンテナンスマニュアルだろうと一般人は、閲覧が可能です。

ですので、「マニュアル」は、一部のみ例外を設け、閲覧不可としたうえで、一応自由に閲覧を可能とします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典