スポンサーリンク

「チート」と「バグ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チート」と「バグ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

専用のゲーム機やスマホなどでゲームをする人も大勢いますが、それらのゲームは開発者の意図通りにプレイされているとは限りません。

「チート」を使う人や「バグ」を利用する人もいますが、どういった行為やものが「チート」「バグ」にあたるのかまでは知らないという人もいるでしょう。

この記事では、「チート」「バグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チート」とは?

「チート」とは元々詐欺や欺くことという英語で、ゲーム用語としてはそこから転じ、不正することを指す言葉です。

想定されていない方法でアイテムやお金など増殖させることも、特別な機能をもったコントローラーを使うことも、厳密に言えば「チート」にあたります。

どこまでを「チート」として扱うかは個人によって基準が違い、コントローラーを使いやすいように細工するなどの方法で、それが不正だと自覚しないまま「チート」をしてしまう人も少なくありません。

「バグ」とは?

「バグ」とは製作者の意図していない仕様のことです。

プレイヤーが不利になるものでも、プレイヤーが有利になるものでも関係なく、開発者が意図していなければ「バグ」になります。

「バグ」自体はゲームにおける構造上の欠陥でしかありませんが、「バグ」を利用することは人によって意見が分かれる行為です。

「バグ」利用も厳密には「チート」に含まれる行為ですが、ゲームの仕様を利用した行為であり問題ないという人も大勢います。

「チート」と「バグ」の違い

「チート」はゲームをする上での不正行為全般を指す言葉です。

ゲームシステムへの干渉や改造、コントローラー等の周辺機器に手を加えることなどの全てが「チート」になります。

「バグ」はそれ自体は開発者が消しきれなかった問題点でしかありません。

ですが、それを利用することは「チート」の一つにあたります。

「チート」は大会や他人とのマルチプレイでは決して許されません。

しかし「バグ」利用は大会などのルールやレギュレーション次第で許されることもあります。

「チート」と「バグ」の類語や言い換え

「チート」「反則」「イカサマ」などが類語として扱われます。

「反則」はルール違反であり、「イカサマ」はギャンブルにおける不正行為で、どちらも「チート」と同じく不正行為です。

またゲームの「改造」はゲームシステムに干渉するソフトウェア「チート」の類語と言えるでしょう。

「バグ」そのものの類語としては「不具合」がありますが、「バグ」利用に関するものとしては「グリッチ」が有名です。

「グリッチ」は不具合を指す英語で、それから転じて不具合や「バグ」を利用することを指すゲーム用語となっています。

まとめ

「バグ」自体はプレイヤーの良し悪しは関係ありませんが、「バグ」を利用することは「チート」の一つであり、「チート」は大なり小なり悪いことです。

最近はネットを利用したマルチプレイなど他の人とゲームする機会も多いですが、そういう場合には「チート」「バグ」も利用しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典