スポンサーリンク

「チーフ」と「リーダー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チーフ」と「リーダー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「チーフ」「リーダー」はどちらも仕事をする上での役職をあらわす言葉であり、ビジネスシーンで目にすることが多い言葉です。

この記事では、「チーフ」「リーダー」の違いについて分かりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

「チーフ」の意味や使い方とは?

「チーフ」とは、職場内や組織内での上の立場の者や責任者のことをいい、同種の仕事をしている者の中で一番上の立場の者を指します。

大まかに言うと上記のような意味になりますが、それぞれの企業や会社、国などによってその立場に大きな違いがある場合もあります。

一般社員以外で役職を与えられた人や、部下を従えられる立場になった人を「チーフ」と呼ぶ場合もあります。

また、とある会社では一般社員のひとつ上の役職を「チーフ」としていたり、別の会社では主任や班長などといったそのグループのリーダー的存在にあたる人物を「チーフ」としていたり、会社や企業によって違いがあります。

そのため、同じ「チーフ」でも思っていた立場ではなかったということが有り得るため、正確な役職を知りたい場合はしっかりと確認することが必要です。

「チーフ」は基本的に部下を統括する立場の仕事のため、ある程度のリーダーシップや年齢、信頼が必要であるとされています。

「リーダー」の意味や使い方とは?

「リーダー」とは、目的に対して目標を立て、それを実現するために組織やグループの力を使い、課題を克服しながら目標の達成へと導くための人物です。

仕事をする上で個人の能力も大事ではありますが、組織やグループとしてより成果を上げることが最終的な会社の利益へと繋がります。

「リーダー」は個人として有能であることはもちろんですが、部下や同僚をまとめられるリーダーシップ、采配力などを持っている人が向いています。

目標の達成を目指し、メンバーとのコミュニケーションやメンタルケアを怠らず、気配りができる人であれば、信頼される「リーダー」になることができます。

「リーダー」の大きな役割は、目標を達成させるためにチームの団結力を高めたり、全員の意見や成果をまとめたりすることになります。

「チーフ」と「リーダー」の違いについて解説

「チーフ」「リーダー」は、仕事をする上での組織やグループやチームをまとめるといった意味は共通しており、とくに「チーフ」は会社や企業によって少し本来の役職が変わるためかなり似ているといえます。

しかし大きな違いもあり、「チーフ」「リーダー」を比べると「リーダー」のほうが上の役職であることがほとんどです。

「チーフ」「リーダー」の補佐役となることが多く、「リーダー」が全体をまとめたり管理をしたりし、「チーフ」が実際にチームを動かす、といった役割分担をしている会社が多いようです。

ただし、飲食店などでは「チーフ」が存在せずにバイトリーダーなどがアルバイト店員を動かしまとめる役割をすべて担っている場合もあります。

「チーフ」と「リーダー」の違いのまとめ

「チーフ」「リーダー」はどちらも会社や企業内でのチームのまとめ役という意味を持っていますが、「リーダー」を補佐するために「チーフ」がいることが多いです。

「リーダー」がチームをまとめたり管理したりをし、「チーフ」が実際にチームメンバーを動かすといった形です。

ビジネスシーンで使う、ぜひしっかりと覚えておきたい言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典