スポンサーリンク

「チームワーク」と「協調性」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チームワーク」と「協調性」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チームワーク」「協調性」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象を持つ2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「チームワーク」とは?

「チームワーク」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「チームワーク」は、英語で「teamwork」と表記します。

「チームワーク」には「チームの構成員が協力して行動するために必要な、チーム内の団結、連携」を意味します。

また「チームの構成員の協力関係」を意味します。

一人とは違い、たくさんの人が集まると、意見の違いや相性などがあり、放置してしまえばまとまらなくなってしまいます。

そこで、チームを統率するとき、チームの団結や連携を促すとき、「チームワークを大切にしよう」などと言います。

「チーム」に所属する個人は、ひとまず自分よりもチームを優先して行動しようとするとき、「チームワーク」が生まれると考えることができます。

「Aチームは、目立った人材がいないがチームワークがいいので侮れない」「チームワークが悪いため、優秀な人材を生かせない」などという使い方をします。

「協調性」とは?

「協調性」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「協調性」「きょうちょうせい」と読みます。

「協調性」「互いに協力し合うこと」という意味があります。

他者と協力することが得意な人は、「協調性のある人」と呼ばれます。

一方で、単独行動をとりがちで、人と一緒に作業をすることが苦手な人は「協調性に欠ける」「協調性がない」と言われます。

特に、利害や立場などが異なるひとが、協力し合うときに、「協調性」という言葉が声高に叫ばれることになります。

「協調性を発揮して作業する楽しさ」「協調性を失うと、組織は崩壊する」などと「協調性」という言葉を使った文章を作ることができます。

「チームワーク」と「協調性」の違い

「チームワーク」「協調性」の違いを、分かりやすく解説します。

「チームワーク」「チームの構成員が協力して行動するために必要な、チーム内の団結、連携」を意味します。

一方の「協調性」「互いに協力し合うこと」という意味があります。

「チームワーク」「チーム」という枠の中で、協力することを指すのに対して、「協調性」は二人以上の人が集まった時に、協力することを指す言葉になります。

このように「チームワーク」「協調性」も、他人と協力することを意味する言葉ですが、「協調性」が扱う範囲は広いのに対して、「チームワーク」「チーム内における協力」についてのみ、意味する言葉になります。

まとめ

「チームワーク」「協調性」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、「協力すること」という共通した意味がありました。

しかし、「チームワーク」は、チーム内にのみ適用する言葉で、すべての人との協力を示唆する「協調性」とは、明確な意味の違いがあることが分かりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典