スポンサーリンク

「ツーリスト」と「トラベラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ツーリスト」と「トラベラー」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ツーリスト」「トラベラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ツーリスト」とは?

「ツーリスト」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ツーリスト」は英語表記で「tourist」です。

「ツーリスト」には「旅行者。

観光客」
という意味があります。

「ツーリスト」は旅行をする人、旅行中の人を指し、家を離れてほかの土地に行き、旅をしている人全般を指します。

中でも、「ツアー」と呼ばれるような、団体旅行に参加している人を「ツーリスト」と呼ぶ傾向があります。

例えば、東京ではとバスに乗る観光客は、「ツーリスト」のイメージと重なります。

スペインに行ったらバルセロナの『サクラダファミリア』を団体で見学したり、フランスに行ったら、『エッフェル塔』に、団体で登るような旅行者は、「ツーリスト」になります。

「トラベラー」とは?

「トラベラー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「トラベラー」「traveler」と読みます。

「トラベラー」には「旅行者」という意味があります。

「トラベル」から派生した言葉で、「トラベル」には「旅行」という意味があります。

「トラベラー」は旅行をするすべての人を指す言葉ですが、特に、「旅人」という印象の強い人のことを指します。

一人旅をしている人が多く、現地の言葉を覚えてきて、地元の人と触れ合ったり、現地の人が食べている料理に興味を持ち、実際に口にしてみるようなタイプの人は「トラベラー」と呼ばれやすくなります。

「ツーリスト」と「トラベラー」の違い

「ツーリスト」「トラベラー」の違いを、分かりやすく解説します。

「ツーリスト」には「旅行者。

観光客」
という意味があります。

一方の「トラベラー」には、「旅行者」という意味があります。

どちらも旅行者を指す言葉ですが、若干ニュアンスが違います。

「ツーリスト」「観光客」という意味が含まれているように、ツアーと呼ばれるような団体旅行に参加するような旅行者は「ツーリスト」と呼ばれます。

ガイドさんの後をついて歩き、現地の人とは基本的に触れ合わずに旅を終えるような人を指します。

一方で「トラベラー」は、一人旅をする人、ガイドを付けずに旅をする人を指します。

現地の人と積極的に触れ合い、現地のスーパーで買い物をしてみたり、地元の人しか行かないようなレストランに飛び込んでいく人を「トラベラー」と呼びます。

このように「ツーリスト」は団体旅行に参加する、旅行初心者を指し、「トラベラー」は旅慣れた人を指す言葉という違いがあります。

まとめ

「ツーリスト」「トラベラー」の違いについて見てきました。

2つの言葉はとても似ていますが、ニュアンスに違いがありました。

「旅行初心者」で、ツアーに参加している人は「ツーリスト」、ガイドを付けずに旅行をして、現地の人と触れ合うタイプの人を「トラベラー」と呼ぶと、覚えておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典